2009年9月 3日 (木)

207style 12ヶ月点検

12ヶ月点検に出しました。

詳細は。。。

********************************************

12ヶ月点検費用 25,650円

点検内容

・コンピューター診断

・下周り点検締め付け、サス周り点検

・エンジン周りプラグ点検

・各ベルト/冷却水点検

・バッテリー電圧/オイル点検

・エアフィルター・ブレーキ周り点検パッド残量:フロント10mmリア7mm

・タイヤエアー点検

・灯火周り点検

・マイナーパーツ(油脂類、消耗品)1,000円

・エンジンオイル、フィルター交換(点検時工賃無料、オイル50%オフ)

 TOTAL QUARTZ7000   4L 7,200円

 プラグシール 200円

 オイルフィルター 1,700円

 廃棄物処理費用 300円

部品合計額 9,100円

部品値引き 3,600円

工賃合計 26,950円

消費税 1,622円

合計 34,072円

*************************************************

まったく異常は発見されなかったとのこと。

健康そのものです

いつもならワイパーブレードも交換するところですが今回はパスしました。

さて、作業に3時間くらい必要とのことで代車を借り出しました。

Dsc03090’00 206XT 1.4AT

Dsc03091

今回初めて206を運転したけどショボさ全開(゚ー゚;

乗り心地はプジョーそのものだけど頭周りの圧迫感が強かったり着座姿勢がまったく合わなかったりと不満いっぱい

だから当時307を買ったんですけどねぇ。。。

Dsc03092

Dsc03093

点検が終わって207に乗ってみたら改めて造りの良さを実感、206からの隔世の進化を感じたのでした。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

207style FirstAnniversary!

今日は207styleが納車されてから1周年 

1年間の走行距離は

Dsc03089

18,682kmでした。

納車翌日に箱根でシェイクダウンしてから、1年間で様々な場所へ行きました。

振り返ってみると。。。

Dsc018082 箱根

Dsc018502 岩村

Dsc019122  野沢温泉

Dsc02454 白川郷

Dsc02498 千里浜なぎさドライブウェイ

Dsc02668 伊勢神宮

Dsc02768 富士山

Dsc02830 錦帯橋

Dsc02858 関門海峡

Dsc02984 東京

Dsc03040 美ヶ原高原

Dsc03083 三方五湖

まったくトラブルもなく快適なドライブでした。

2年目は関東以北に足を延ばせたらと密かに考えています。

次はどこに行こうかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

But he has nothing on!~プジョー2台のハイブリッド発表~

  プジョーは17日、『3008』と新型車『RCZ』のハイブリッド仕様の概要を明らかにした。「ハイブリッド4」と呼ばれるシステムは、直噴2.0リットル直4ターボディーゼルにモーターを組み合わせたもので、トータル出力200ps。CO2排出量95 - 99g/kmという高い環境性能を誇る。

プジョーは2008年9月のパリモーターショーで、コンセプトカー『プロローグ…』を披露。『308』がベースの新型クロスオーバー、3008を示唆したコンセプトで、心臓部には高効率のディーゼルハイブリッドを搭載していた。

さらにPSA(プジョーシトロエン)は今年4月30日、プジョー『3008』とシトロエン『DS5』(現時点で未発表)に、ディーゼルハイブリッド車を設定し、2011年から生産すると発表。シトロエンの新高級ブランド、「DS」レンジのミドルクラス車にも、ハイブリッドを積極展開する意向を表明していた。

そして今回、ハイブリッド4を積む3008とRCZを初公開。そのシステムはフロントに直噴2.0リットル直4「HDi FAP」ターボディーゼルエンジン(163ps、30.6kgm)を置き、リアアクスルにモーター(37ps、20.4kgm)を内蔵。エンジンが前輪、モーターが後輪を駆動する4WD方式だ。2次電池は三洋製のニッケル水素バッテリーで、トランク床下に置かれる。

トランスミッションは6速2ペダルMTで、アイドリングストップ機構を組み込むことにより、燃費やCO2排出量は、ベースのHDiエンジン比で最大約35%削減。CO2排出量は3008で99g/km、RCZでは95g/kmを実現した。元祖ハイブリッド、新型トヨタ『プリウス』の89g/kmにはかなわないが、トップレベルの環境性能をマークする。

2台のハイブリッド4は、9月15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。3008ハイブリッド4は2011年初頭に市販、RCZハイブリッド4の発売時期は未定である。国によってはディーゼル比率が6割を超える欧州では、ガソリンハイブリッドよりもディーゼルハイブリッドに勝算がありそうだ。

Imgres128444_1_r_23008 Hybrid4

Imgres128444_3_rRCZ Hybrid4

**************************************************************************

今回プジョーが投入するハイブリッドはプリウスとは違い、モーターがエンジンの補助をするのではなく、前をディーゼルエンジン後輪をモーターが駆動する4WD方式です。トヨタや日産にも後輪をモーターで駆動するモデルがありますが、それとは考え方が違うようです。

低速からトルクが出るディーゼルエンジンにさらに37馬力分も後輪でトラクションを掛けてもらえたらかなり気持ちの良い加速と運転の楽しさが想像できます。

それでいて燃費が良くてCO₂の排出が少ないのだから売れる要素満載です。

走りに我慢を強いられるどこかのハイブリッドとは大違いです。

ちなみにプリウスのCO₂排出量89kg/kmは机上の数値なのは言うまでもありません。( ´,_ゝ`)ハイハイ

いよいよディーゼルハイブリッドが投入される欧州。日本ではガソリンハイブリッドにこだわり続けモデルを肥大させる(自称)トップハイブリッドメーカーがあり、それを賞賛するメディアがあり、賞賛を信じて購入する膨大な数のユーザーがいます。

私はこう叫びたい

「王様は裸だよ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«VWエコドライブトレーニング(毒吐き注意)