« happycanyonの能力 | トップページ | 308続報 »

2007年6月28日 (木)

世界一の姿勢って?

いつもチェックしているサイト「Carview」のプレミオ・アリオンの試乗記事に素晴らしい指摘があったので紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新型車は価格もけっこう高い。プレミオとアリオンで多少の仕様の違いとそれに伴う価格の違いはあるが、1.5リッターのベースグレードで170万円台からの価格設定はいかにも高めの印象だ。実際に購入する場合にはプレミオの1.8FならLパッケージ、アリオンのA15ならGパッケージがベースになるだろうから、この時点で価格は180万円台に乗り、さらにカーナビとSRSサイド&カーテンエアバッグをオプション装着すると、ざっと220万円くらいのクルマになってしまう。クルマそのものは良くなっているし、装備や仕様も向上しているが、1.5リッター車とは思えないくらいの価格水準である。

 最後にもうひとつ注文を付けておく。横滑り防止装置のVSCがオプションを含めて全く設定されていないのは何たることか。これが2007年に売り出されたクルマとは思えない。VSCはそう遠くない将来に法規制で装着が義務付けられると思うが、天下のトヨタが、強制されるまではやらないという振る舞いをいつまでも続けるべきではない。SRSサイド&カーテンエアバッグを含め、言われる前に先に、全車標準にして業界をリードする姿勢を示すべきである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、私が以前から思いブログを始めた当初から度々訴えていることそのままです。

こちら 

車の基準とは・・・

続 車の基準

ブレイド発表 しかし。。。 

当たり前の結果ですが・・・

読み返しているうちに腹が立ってきた<(`^´)>

私の車に対する基本的な考えです。

『車の本質は「安全に運転して安全に目的地に到着する」ことだと考えます。シートアレンジや物入れの多さや質感を優先するのではなく、安全に関わることだけは国で差別せず世界同一基準で本質を追及して欲しいと思います。欧米人もアジア人もアフリカ人もすべて同じ人類なんですから。。。』

もう「馬鹿にするな!」と声を上げて行動しないといけませんね。

素晴らしい記事はこちら プレミオ試乗レポート「ミニバンに対抗できるか」

|

« happycanyonの能力 | トップページ | 308続報 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界一の姿勢って?:

» グラニー バッグ [グラニー バッグ]
「グラニー・バッグ」とは、 ギャザーやタックが入った丸みのある、どこか懐かしさの漂うバッグの総称。スポンサードリンク [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 01時08分

« happycanyonの能力 | トップページ | 308続報 »