« 一所懸命 | トップページ | RX-78-2 VS MS-06S »

2007年8月25日 (土)

「TAXI4」の見方

映画「TAXI4」を観てきました。

このシリーズも4作になると、ずいぶん方向性が変わってしまったと感じました。1作目のような改造したタクシーの爆走やカーチェイスシーンを期待すると裏切られると思います。

今回はマルセイユ警察ジベール署長の「天然ボケ」に振り回されるエミリアン他ドジな署員、それを助けるダニエルと407の活躍が大きな構図になっています。

ストーリーはともかくジベール署長の「ボケ倒し」にはかなり笑えました。この映画は単純なギャグムービーとして観るのがよろしいかと思います。

ただ、犯人以外の登場人物は1作目からつながっていて今作だけ観ても関係性がつかめないので(エミリアンとペトラ、ダニエルと将軍など)シリーズを予習することをお勧めします。

Img3_20070702_12053055_1_l

|

« 一所懸命 | トップページ | RX-78-2 VS MS-06S »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「TAXI4」の見方:

« 一所懸命 | トップページ | RX-78-2 VS MS-06S »