« Nouvelle PEUGEOT407 | トップページ | 308ファーストコンタクト »

2008年6月 1日 (日)

相変わらず・・・

今日6月1日から後席シートベルト着用義務化、高速道路等では取り締まりを実施(9月までは注意喚起)がスタートしました。

「ベルトを締めろ!」と言うのは簡単ですが、果たしてまともに着用できる後席シートベルトがどれだけあるのか?

19_l  T社 イ○ト

28_l T社 ル○オン

17_l T社 ヴォ○シー

09_lH社 フィ○ト

12_lr_2 M車 ギャ○ン

13_l T社 プ○ミオ

08_l P社 2○7

Dsc01240 P社 3○7happycanyon

シートベルトの取り付け方が悪くシートに埋まってバックルが取り出せなかったり、ベルトを閉めたら肩に掛からず浮いたりするでしょう。

それ以前にシートベルトをする前提で作っていない後席も多いでしょうから、長距離を正しい姿勢で疲れず走ることができるのか?

いまだに後席中央を2点で済ませている車(画像1~4枚目)は中央に人を乗せて走らせると、外からベルトをしてるのか見えず止められる可能性が考えられるので乗せない方が懸命かも・・・

日産は締めやすい後席シートベルトを採用していくと発表しましたが、「そんなこと義務化してから動くんじゃなくて以前から自分で考えて黙ってやれよ」と思います。特に自立式バックルなんて欧州では当たり前のこと(画像7、8枚目)。しかも、「我が社はユーザーのために・・・」と宣伝するところが腹が立ちます。

以下、日産プレスリリース

************************************************************

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、シートベルトの着用を促進することを目的に、「低フリクションシートベルト」と、「後席シートベルト自立バックル」を本年6月に発売する「ティアナ」以降、今後発売する新型車に順次セットで採用する。また、現行モデルについてもマイナーチェンジ等のタイミングを捉えながら順次採用を進め、3年以内を目処にほぼ全車に採用を拡大する。

日産は、2015年に日産車がかかわる死亡・重傷者数を半減させる(1995年比)という目標を掲げ、安全なクルマづくりに加え、交通環境への取り組みやドライバーへの啓発活動等に取り組んでいる。実際に発生している交通事故の分析から、シートベルトを着用している場合、着用していない場合に比較して、死亡・重傷者数が前席で約1/6、後席で約1/3に減少*2することが分かっており、日産ではこれまでもハローセーフティキャンペーンなどを通じて、シートベルト着用の啓発活動を積極的に実施してきた。今後採用を拡大する「低フリクションシートベルト」と、「後席シートベルト自立バックル」は、シートベルトの着用を促進する取り組みの一環であり、具体的な装備概要は以下の通りである。

低フリクションシートベルト
シートベルトの着用を促進するため、引き出し易く、着用時の快適性を向上させたシートベルト。ウェビング(シートベルトの帯部分) の織り方を正則織から変化杉綾織*4に変え、ウェビングを柔らかく、曲がりやすくすることで、シートベルト引き出し時の抵抗で約10%低減、着用時の圧迫感で約20%の低減を実現した。

後席シートベルト自立バックル
後席シートベルトの着用促進を目的に、差込口の位置が分かり易く、装着しやすいよう、自立させたシートベルトバックル。

Imgres109864_1_r 日産自慢の自立式バックル

*************************************************************

「我が社は後席シートベルト義務化になる前から車に乗るすべての方の安全を考え、後席シートベルトの改良および、サイド・カーテンエアバッグの採用を進めてまいりました。この度、6月2日発表のティアナをもって全車種完了したことを報告いたします。」

ってぐらい進んでできないのか?

何度目の登場かわかりませんが、私の考える車の本質を再び。。。

車の本質は「安全に運転して安全に目的地に到着する」ことだと考えます。シートアレンジや物入れの多さや質感を優先するのではなく、安全に関わることだけは国で差別せず世界同一基準で本質を追及して欲しいと思います。欧米人もアジア人もアフリカ人もすべて同じ人類なんですから。。。

|

« Nouvelle PEUGEOT407 | トップページ | 308ファーストコンタクト »

」カテゴリの記事

コメント

×懸命
○賢明

投稿: | 2012年5月30日 (水) 13時59分

 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。

投稿: GIC結晶ファン(ノーベル賞級のダントツ技術) | 2017年10月 9日 (月) 08時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず・・・:

» 警視庁 シートベルト義務化 [Newsメディア]
相変わらず・・・ 日産自慢の自立式バックル 「我が社は後席シートベルト義務化になる前から車に乗るすべての方の安全を考え、後席シートベルトの改良および、サイド・カーテ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 08時09分

» 日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは....【自動車購入@マニアル】 [自動車購入@マニアル]
日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは....【自動車購入@マニアル】☆☆☆☆☆自動車購入@マニアル です!日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは....【自動車購入@マニアル】日産自動車のカルロス・ゴーンCEO(最高経営責任者)は25日の定時株主総会で、原材料価格の上昇を受け、日本国内でも値上げに踏み切る可能性を示した。 ゴーンCEOは、中国の宝山鋼鉄と英豪リオ・ティントが鉄鉱石の約9割値上げで合意したことなど、原材料価格が一段と上昇していることに言及。「当社も影響を受けること...... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 16時32分

« Nouvelle PEUGEOT407 | トップページ | 308ファーストコンタクト »