« 207 style 初回点検&タイヤ交換 | トップページ | 本音のクルマ論 »

2008年10月 8日 (水)

207 style インプレッション(ノーマルタイヤ編)

先日、ノーマルタイヤに履き替えて本来の状態に戻ったので、改めてインプレッションを報告します。

納車時から履かせていたオーバーサイズのタイヤからタイヤがサイズダウンしていますので、タイヤの違いの印象が強くなってしまうことをお許しください。

タイヤを履き替えて走り出した第一印象は、「ステアリングが軽い!」でした。タイヤ交換して実感したのですが、ノーマルタイヤは2本両脇に抱えて運べたのに履いていたタイヤは1本持ち上げるのがやっとで、とても2本を持ち上げられる重さではありませんでした。印象的にはノーマルタイヤ1本の1.5倍の重さがあるように感じました。

ステアリングが軽い=バネ下重量の差 としてはっきりと現れた結果で、それは運動性能や乗り味にも大きな違いがありました。

走っている感じではタイヤがスムーズに回転して抵抗感がなく、感覚的に燃費が良くなりそうな感じが伝わります。

また、バネ下重量が軽くなったおかげで少し突っ張るような感じだったダンパーもよく動くようになり、カーブでのロールは大きくなったのですが本来のプジョーらしい挙動になりました。タイヤがプアになった影響はまったくなく、逆にコーナーは安定してスムーズに抜けられるようになりました。

Dsc02035

乗り心地は路面の凹凸やうねりを65扁平のタイヤとダンパーでしっかりと吸収するので、不快な突き上げや日本車のように常にヒョコヒョコ上下に揺れるようなこともなく(それが異常ですが)とても快適です。

207Styleが今までのプジョーと動きが違うと感じたのは、車が変わったのではなくタイヤによるものだということがはっきりとわかりました。

あまりに快適なのでもう一度タイヤを戻す気持ちが薄れてしまいました。(;´▽`A``

とりあえずしばらくはノーマルタイヤで行こうと思います。

|

« 207 style 初回点検&タイヤ交換 | トップページ | 本音のクルマ論 »

207Style」カテゴリの記事

コメント

あまりにも快適ですか・・・

私も早く体験してみたいです。

投稿: ようたか | 2008年10月 8日 (水) 09時45分

happycanyonさんの過去のブログも読みましたが、
日本車が嫌いなんですね。
確かにおっしゃる通りだと思います。
安全装備には差別があってはならない・・・
その通りです。
あと、日本車の多品種戦略にも苦言を呈されていましたが
私も同感です。「一球入魂」で車を開発してもらいたいです。
しょーもない車ばかり作っているのに
「若者に振り向いてもらえない・・・」
なんて当たり前だと思います。彼らは車よりもよっぽどケータイに
技術的な尊敬を抱いています。彼らにとっては車=家電製品で
いらない人はいらないし、通勤で必要な人はなんでもいいや
ということなんでしょう・・・
日本メーカーの人間は気がついているのでしょうか・・・
ま、儲けることしか頭にないバカばっかり
(特に上層部)だから気がついていないでしょうね。

私は先代のフィットに乗っています。
発表してから半年ぐらいで買いました。
内装の質感は高くありませんでしたが、
それでもなんだか許せる車で価格の割には
よく出来た車だったので買いました。
ま、サスペンションは「無限」のサスに交換していますが・・・
で、昨年、新型フィットを見てがく然としました。
使いやすかった小物入れは何とも中途半端なものになっているし、
座高が高い私にとってシートハイトアジャスター下がる量が足りないし、
何よりも後席ヘッドレストが2つ、しかも、
それも使い物にならなそうな代物だったので

「何も進まないどころか後退してんじゃん」
という気持ちになり、担当セールスに「次はないね・・・」と
言いました。長い付き合いなので残念なんですが、ただ、そのディーラーの系列でプジョーのディーラーも営業しているので
融通を利かせば担当セールスから紹介で買うこともできます。その担当セールスは
「最近のホンダは車好きじゃない奴が開発しているからダメなんだよ」と愚痴をこぼしていました。その、担当セールスも先代フィットユーザーです。

ということで、次はヨーロッパ車のユーザーになるべく仕事をがんばります。
今は207Styleにぞっこん(←死語ですね)ですが、もしかしたら、ポロやルーテシア、グランデプントになっているかもしれません・・・買うときはいろいろ見て買いたいと思いますが、たぶん、207Styleだろうな・・・私もStyleが出ることを待ちわびた人間ですから。ユーロが安くなっているから値下げしないかな・・・と淡い期待を抱きつつ仕事に打ち込みます。

長々とすいませんでした。

投稿: ようたか | 2008年10月 9日 (木) 05時50分

コメントありがとうございます。
確かに日本車は嫌いですヽ(´▽`)/
でも、始めから嫌いだったわけではなく最初はスターレットGT(EP82)に乗っていたわけで、でもプジョー306に乗って「パワーがなくても遅くても車って楽しいものだ」と教えてくれました。
当時は安全装備は運転席エアバッグが付いていた日本車の方が進んでいて306には安全装備といえばABSのみでしたが。。。
プジョーに乗っていてたまに日本車に乗る機会があると、すぐに腰が痛くなるシートにずっと揺すられてるような足の動き等々「なぜ日本車はこんな変なの?」といつもイライラさせられ、さらに日本車メーカーの姿勢とか見えてくると、どんどん日本車が嫌いになっていきました。

ようたかさんのコメントを読んで、下書きまでしていて忘れていた記事があったのを思い出しUPしました。
著書の紹介ですが2代目フィットがダメになった理由も書いてあるので、よかったら読んでみてください。

投稿: happycanyon | 2008年10月 9日 (木) 10時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 207 style インプレッション(ノーマルタイヤ編):

« 207 style 初回点検&タイヤ交換 | トップページ | 本音のクルマ論 »