« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月27日 (火)

祝プジョー表彰台独占!!~IRC開幕戦モンテカルロラリー~

日本勢の撤退によって存在意義すら危うくなってきたWRCに取って代わり盛り上がりをみせているIRCの開幕戦モンテカルロラリーが行われました。

IRCにはさまざまなチーム、マシンが参戦しています。

Diapo_050 プジョー207S2000

Diapo_008 シュコダ ファビアS2000

Diapo_035 アバルト グランデ プントS2000

Diapo_062 ミツビシ ランサー

Diapo_060 スバル インプレッサ

Diapo_041 シトロエンC2 R2

Diapo_040 ルノー クリオ

Diapo_053 スズキ スイフト

ラリーはプジョーとシュコダ、アバルトの争いでしたが、

Diapob_091

Diapob_079

Diapob_082

最後はプジョーの表彰台独占という最高の結果でした(*^ー゚)bグッジョブ!!

Diapoc_089 おめでとう

IRC連覇に向けて好発進です(v^ー゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

3008で鬼ごっこ

3008の発表にあわせてプロモーションビデオも公開されました。

ロボット的なアバターと3008が鬼ごっこをして遊ぶという内容です。

3008の楽しさと性能がよく表現されていて、これを見た途端に欲しくなってしまいました(*´σー`)

プジョー初搭載の機構が満載で特にHUD(ヘッドアップディスプレイ)がカッコよすぎます。

これはヒットしそうですね(日本は除いて。。。(゚ー゚; )

プジョーのPVはいつもセンスがあって楽しませてくれます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大丈夫か?~トヨタTF109発表~

ぞくぞくとニューマシンが発表されていますが今回はトヨタF1です。

Diapo_110

Diapo_109TF109

真っ先に目を引くのがノーズを伸ばしたフェラーリと対照的にトヨタは短いままにしてきました。これを見て思い出すのが、

J_p_montoya_usgp_2004ウィリアムズFW26

セイウチノーズです。

抵抗になるノーズより真っ先にウィングに空気を当てることでダウンフォースを稼ごうという理屈ですが、実際には姿勢制御が不安定になってしまい、途中で引っ込めてしまった駄作。現在のウィリアムズの低迷のきっかけとなってしまったマシンでした。

ダウンフォース増加を狙ったコンセプトは同じだと思いますがTF109は単純にノーズを短くしただけで、当時とレギュレーションも違うのでウィリアムズのように酷い状態にはならないと思うのですが、さて本当に大丈夫なのか?

今年ジャンプアップして結果を残せなければ、撤退も現実味を帯びてくるかもしれません。さてどうなるのか楽しみですねψ(`∇´)ψ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

4007より。。。~3008発表~

昨年から取り上げていた308のSUV「3008」が発表されました。

Imgres118968_1_r 3008

予想通りにまんまプロローグでしたね。

Imgres113768_1_r プロローグ

どの車にも似ていないプジョーらしいデザインです。

内装も上質で落ち着いていて運転しやすい感じがします。

Imgres118968_5_r

Imgres118968_7_r

Imgres118968_8_r

当面はFFですがいずれはAWD、ハイブリッドも投入される予定だそうです。

プジョーのSUVにはすでに4007がありますが、

Img4_20070219_20395818_1_l

Img4_20070219_20395818_4_l4007

どうみても3008の方がプレミアムで車格が上なのは明らかです  ヽ(´▽`)/

プジョーがSUVを作ればSUVが得意な三菱を簡単に凌駕してしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

フェラーリF60発表(追記)

’09シーズンのF1の先陣を切ってフェラーリがニューマシンを発表しました。

Img9_20090112_21464637_1_l フェラーリF60

フロントウィングの大型化、リアウィングの小型化、チムニー・ウィングレット等の空力付加物の禁止、ディフューザーの延長、スリックタイヤの復活などオーバーテイクをしやすくするように変更された今シーズンのレギュレーションに沿ってデザインされています。

空力的には10~15年前に戻った感じです。

Img9_20090112_21464637_5_l Img9_20090112_21464637_4_l Img9_20090112_21464637_7_l

パッと見て印象的なのは伸びたノーズで、マシン上面に空気を導いて多くの空気をリアに流そうという意図が感じられます。

サイドポッドにはBMWザウバーが使っていた仕切りがそびえてその上にミラーを設置、その前方に目立たないように黒く塗られた小型のバージボードが見えます。これでノーズ下に入った空気をスムーズにサイドポッド側面から後方に流すようになっています。

レギュレーションに沿いながらも最低限の空力付加物は付けてきていますね。

思ったよりはカッコ悪くなっていないのはフェラーリだからでしょうか?

あとは苦労しているKERSを開幕に間に合わせるのか、それとも見送るのか?に注目です。

追記

タイヤの幅いっぱいまで広げられたフロントウィングで心配な点をひとつ

オーバーテイクやスタートの混戦状態においてサイドバイサイドでコーナーに進入した時に今まで以上に接触とウィングの破損が頻発し、ダメージを恐れてオーバーテイクを躊躇してしまう可能性は十分に考えられますね。

Diapo_307 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

ほんまかいな?PartⅡ

モーターレース界に流れるうわさによると、フェラーリはプジョーと協力して2009年シーズンに向けたKERS(エネルギー回生システム)の開発を進めていくらしい。

真偽のほどは定かではないが、匿名の「F1関係筋」によると、フェラーリがF1で使用するKERSシステムの試作版を、プジョーがル・マン仕様の908のプロトタイプで走行させることがこの新しい協力関係に含まれているようだ。

電子部門パートナーであるマニエッティ・マレリとともにKERSシステムを開発しているフェラーリは、既にKERS技術の開発に苦しんでいることを認めており、いまだにシステムを搭載しての走行テストも行われていない。

3月にオーストラリアGPが開幕したときから有効となるシーズン中テスト禁止を受け、遅れの生じているKERS走行プログラムをフェラーリが進めるために、フェラーリとプジョーの協力関係が結ばれたと考えられている。

しかし、一方でフェラーリが別カテゴリーのレースに参戦するチームにKERSシステムを提供する準備をしているのではないかとの見方もある。

2008年に、KERSシステムを備えたディーゼル使用の908ハイブリッド版を2009年のル・マンで使用して宣伝したい、とプジョーは話していた。

__26_90820hybride_640 908HY

**********************************************************

またまた信じがたい情報が流れていますね。

確かにプジョースポールが発表した908HYはKERSを使ったハイブリッドで、実走行するレベルの完成度。

フェラーリはKERSをまだマシンに搭載すらできず苦労しているのはわかりますが、まったく違うマシン・エンジンに搭載してテストになるのか?

それ以前に天下のフェラーリがプジョーに助けを求めることがあるのだろうか(・・?

先日のF1復帰話もそうですが、噂を生んだ背景にはプジョーの技術力とどの自動車メーカーとも資本関係なしに技術提携や共同開発をする企業姿勢があるからだと思います。

※プジョー提携自動車メーカー(過去も含む)

トヨタ、三菱、日野、フォード、フィアット、ルノー、ボルボ、BMW。。。

まだあったかな(^-^;

おまけ

ピットレーンではバッテリーで走行しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ヘッドレストは安全装備(毒吐き注意)

以前、トヨタパッソセッテ・ダイハツルミナスの発表に対して記事にしました。

いつになったら目覚める?

28_lp

その記事本文には書かずにコメントにて指摘したことがありました。

転記すると。。。

今回細かい指摘は書かなかったのですが、一つ指摘するとしたらなぜ2列目の左右ヘッドレストだけ半分埋めた格納式にしたのか?

この形式は通常後席に乗らない時の後方視界の確保と後席に座った時にヘッドレストを背中に当てて違和感を感じさせ、ヘッドレストを上げてもらうためです。

しかし、3列目には後方視界の妨げになる大きなヘッドレストが鎮座し、格納式ヘッドレストの厚みが見るからに薄いため背中に違和感を感じることはなく上げて使うことはないでしょう。まったくの謎です。

きっとルーズにお尻を前にずらして座ると格納した状態でちょうどヘッドレストに頭が当たるようにできているのかもしれませんね。

************************************************************

さて、最近パッソセッテのCMがヘビーオンエアされていて、この疑問に思ったセカンドシートのヘッドレストをどうしているのか注目してみたら、見事に期待に応えてヘッドレストを下げたまま楽しそうに会話しているモデルの方々の映像に思わず笑ってしまいました。( ̄ー ̄)ニヤリ

トヨタサイト内のパッソセッテ特設サイト「TVCMコーナー」を見ていただくとその状態を確認できます。

そう、このヘッドレストはトヨタの意図では上げて使わないみたいですね┐(´-`)┌

25_lp ヘッドレスト格納状態(トヨタ推奨位置)

ヘッドレストは頭を休めるためでなく事故時の衝撃から頭を守るためのもので、頭の2/3は上がっていなければ機能は果たしてくれません。(目安は頭の中心(耳の辺り)とヘッドレストの中心を同じ高さに合わせる)

こんなこと車の安全の初歩なのに、平気でそんなCMを作らせてOKを出すこのメーカーにつくづく呆れるばかりです。義務だから全席ベルトさせればそれでヨシじゃないっすよ( ゚皿゚)キーッ!!

ヘッドレストは大切な頭を守る安全装備です。必ず高さを調整して車には乗っていただくようにお願いします。m(_ _)m

14_lp ヘッドレスト使用状態

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

Happy New Year

Dsc026632

謹んで新年をお祝い申し上げます。

皆様にとって最良の一年になりますように

平成二十一年 元日

happycanyon & ビクトルくん

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »