« 嘘はやめましょう3 | トップページ | 正直者は馬鹿を見る?~VWゴルフⅥ発売~ »

2009年4月 8日 (水)

KERSの意味~F1マレーシアGP~

F1第2戦マレーシアGPは豪雨でコールドになり、ブラウンGPのバトンが2連勝を果たしました。バトンは降雨によるタイヤ交換を頻繁に行ったにもかかわらずトップになれたのは優れたマシン性能とバトンの力によるものでした。

Diapo_342

レース結果以外でマレーシアGPで気になったのがKERSの存在です。

KERS=運動エネルギー回生システムはブレーキングで放出する熱エネルギーを回収して蓄え、必要な時にブーストボタンを押せば1周に6.6秒間約80馬力のパワーアップを可能にするものです。

981375ca

短時間ですが80馬力もパワーアップすればラップタイムが良くなり、今年からのレギュレーションによってオーバーテイクがしやすくなります。また守りにも利用できるのでどうKERSを使うのか駆け引きによってバトルが見られると考えられていましたが現実は。。。

Diapo_334

ルノーのアロンソは劣ったマシンに重い燃料を積み、KERSを使いスタートダッシュで9位から3位にジャンプアップ、そしてオーバーテイクを防ぐためにKERSを活用していました。

おかげで序盤はアロンソに付き合わされ大渋滞┐(´-`)┌

同じKERSを使用しているフェラーリもなかなか抜けず。

この抜こうにも抜けず苦労している状態を見ていて何のためのKERSか疑問に思ったのでした。

こんな中途半端な状態で使うより一時KERS搭載を凍結して来シーズンから全車一斉に使用した方が良いのではないでしょうか?

|

« 嘘はやめましょう3 | トップページ | 正直者は馬鹿を見る?~VWゴルフⅥ発売~ »

F1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KERSの意味~F1マレーシアGP~:

» ゲリラ豪雨 [ゲリラ豪雨]
ゲリラ豪雨はなぜ起きる? [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 15時28分

« 嘘はやめましょう3 | トップページ | 正直者は馬鹿を見る?~VWゴルフⅥ発売~ »