« 10万人が貢献したものは。。。(毒吐き注意) | トップページ | プジョーもフルラインナップ化? »

2009年5月29日 (金)

所詮そんなもの・・・

トヨタ自動車は28日、子会社が運営する「富士スピードウェイ」(静岡県小山町)でのF1日本グランプリ(GP)開催からの撤退を検討していることを明らかにした。世界同時不況で経営が急速に悪化し、巨額の運営費用が負担になっているためだ。交通アクセスが悪く、観客の大量輸送に無理が生じていることも理由にある。

 F1日本GPは、87~06年は、ホンダ系の「鈴鹿サーキット」(三重県鈴鹿市)が開催していた。トヨタは00年に富士を買収。200億円を投じて施設を改修し、07年、08年と2年連続の開催にこぎつけた。09年以降は鈴鹿と富士で交互開催することになっている。

 トヨタは、世界的な景気後退を受け、09年3月期連結決算で本業のもうけを示す営業損益が、単独決算の時代を含め71年ぶりに赤字に転落。10年3月期も8500億円と赤字が拡大する見込み。全社を挙げて経費削減に取り組む中、F1開催への出費を見直すべきだとの声が社内で強まっている。

 今年は10月に鈴鹿で開催し、来年は富士の予定だった。返上が決まれば、今後は鈴鹿で連続開催となる可能性がある。

 富士は、66年に開業し、76年に日本初のF1を開催した伝統あるコース。しかし、交通アクセスが悪く、07年は道路の陥没でバスが立ち往生し、観客が雨の中を長時間にわたってバスを待たされるなどのトラブルが発生した。

 08年は大きなトラブルはなかったが、輸送の円滑化のために観客数を制限。バス輸送にも膨大な費用がかかって運営が赤字になり、撤退に向けた動きを加速させている。

 自動車レース最高峰のF1をめぐっては、ホンダが昨年12月にレースから08年限りで撤退すると表明したが、トヨタは技術開発力や海外での知名度の向上を目的に、チームによるF1参戦は継続する方針。トヨタはこれまでF1で一度も優勝したことがない。

朝日新聞より

************************************************************

富士スピードウェイでF1を観戦した方ならよくお解かりでしょうが、トヨタの儲け主義が透けて見え鈴鹿のように運営に愛が感じられませんでした。軽い気持ちで手を出すからこうなるのです。

トヨタさん モータースポーツを単なる損得勘定でしか見られないのなら、すぐにでも富士での開催権を返上してF1からも撤退してください。

|

« 10万人が貢献したものは。。。(毒吐き注意) | トップページ | プジョーもフルラインナップ化? »

F1」カテゴリの記事

コメント

そのとおりです。
とっととやめちまえばいいんです。

投稿: ようたか | 2009年5月29日 (金) 13時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所詮そんなもの・・・:

« 10万人が貢献したものは。。。(毒吐き注意) | トップページ | プジョーもフルラインナップ化? »