« 脅しか本気か。。。 | トップページ | これが現実なんだよね~エンジンオブザイヤー2009~ »

2009年6月20日 (土)

世界の目は。。。

英国のUKIPメディア&イベント社は17日、ドイツ・シュツットガルトで開催された「エンジンエキスポ」において、「インターナショナルエンジンオブザイヤー2009」を発表した。環境性能の高いエンジンに贈られる「グリーンエンジン」には、フォルクスワーゲンの1.4リットル直4ターボ&スーパーチャージャー「TSI」が選ばれた。

エンジンオブザイヤーはクルマの心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、今年が11回目。6月17日時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている車種のエンジンを対象に、世界32か国65名のジャーナリストが投票を行い、各賞を決定した。

グリーンエンジンオブザイヤーの結果は以下の通り。

1. VWの1.4リットル直4ターボ&スーパーチャージャー「TSI」(205点)…シロッコなど
2. ホンダの1.3リットル直4+モーター(203点)…インサイトとシビック
3. BMWの2.0リットル直4ツインターボディーゼル(147点)…123d
4. BMWの3.0リットル直6ツインターボディーゼル(133点)…335dなど
5. メルセデスベンツの2.2リットル直4ツインターボディーゼル(115点)…Eクラスなど
6. フォードの2.5リットル直4+モーター(82点)…フュージョンハイブリッドなど

フォルクスワーゲンの1.4リットル直4TSIが、ホンダ『インサイト』などの1.3リットル直4+モーターに、わずか2ポイント差で逃げ切った。1.4TSIはインターナショナルエンジンオブザイヤー2009にも選出されており、グリーンエンジンとのW受賞となった。また、2位以下はすべてガソリンハイブリッドかディーゼルという中で、TSIの1位は健闘に値する。

この1.4リットルTSIは、スーパーチャージャーとターボという2種類の過給器を回転域によって使い分け、2.4リットルエンジン並みの160 - 170psの最大出力と、24.5kgmの最大トルクを実現。また、1.4リットルの小排気量は、時代のニーズに合ったダウンサイジングユニットであり、欧州複合モード燃費16.13km/リットル、CO2排出量144g/kmという優れた環境性能を発揮する。

グリーンエンジンに選ばれた理由は、ある審査員の「ターボ&スーパーチャージャー、そして小排気量エンジンという素晴らしいコンビネーション」という言葉に表れているようだ。
************************************************

あれ?日本で18万台も受注したという世界最高燃費を謳ったエコ車のエンジンは?

世界の目は間違っていませんね

|

« 脅しか本気か。。。 | トップページ | これが現実なんだよね~エンジンオブザイヤー2009~ »

」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

突然ですが、

207を買ってしまいました。
しかも、マニュアルはもう入ってこないとの営業氏の言葉に火をつけられCC GTを…。

納車されたらまた報告します。

私事でブログ汚しスマソ。

投稿: マルす | 2009年6月22日 (月) 23時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の目は。。。:

« 脅しか本気か。。。 | トップページ | これが現実なんだよね~エンジンオブザイヤー2009~ »