« 年に一度のビーナスライン | トップページ | But he has nothing on!~プジョー2台のハイブリッド発表~ »

2009年8月16日 (日)

VWエコドライブトレーニング(毒吐き注意)

東京・お台場で8月1・2日に開催された「Volkswagen Driving Experience - エコドライブトレーニング」に参加後、インストラクターからアドバイスされたポイントを踏まえて実際にマイカーでエコドライブを実践してみると、効果てきめん。エコドライブ実践前後で27%の燃費改善が見られた。

8月の週末、天気は雨、気温30度。東京都心から首都高速・常磐道を介してツインリンクもてぎを同ルートで往復。クルマは92年製2シーター車で助手席にも同乗者あり。常時エアコンを入れていないと辛い感じ。一般道・首都高・常磐道と、往復のすべてにわたり渋滞に巻き込まれず、往復での交通状況に大きな差は見られなかった。

こうした状況で、往路は普段使いのドライブで、復路はインストラクターのアドバイスを思い出し小まめに実践し、燃費を測定した。

往路の常磐道では追い越し車線と走行車線を行ったり来たりという運転で、エアコンも常にオン。追い越し車線では後続のクルマに煽られ、ドンと加速させられる場面もあった。

いっぽう復路の常磐道では、アクセル量を定め、走行車線を80km/h以下の一定のスピードで走る。ICの出入り口付近では第2走行車線(3車線での真ん中車線)へと渡り、出入り口付近での加減速を控えたりし、前方の交通状況をいち早く察知することを心がける。また、エアコンも適宜オン・オフを繰り返す。

高速道路上とツインリンクもてぎまでの一般道(山道)では、上り坂では回転数をできるだけ一定にするようにギアチェンジ。下り坂ではクラッチを切りニュートラルで滑走するように運転してみた。

こうした細やかなエコドライブを試みた結果、往路の燃費は19km/リットル、復路は26km/リットル。およそ27%の改善が見られた。今回の目的地が高地で全体として往路が登り、復路が下りであることから、平地での移動であれば2割弱の改善が期待できるのではないか。

明らかに復路のほうが操作数が増えるが、運転する楽しさは損なわれていない。むしろ楽しめる部分のほうが多いとも思う。エコドライブ未体験の人は、次回のVWエコドライブトレーニングに参加しマイカーで実践してみてほしい。

レスポンス 大野雅人

*****************************************************************

VWのエコドライブトレーニングは日本各地で行われていて燃費向上の基本はVWが指導する通りだと思っています。

が、この記事の記者はどうも講師のアドバイスを間違って解釈しているようです。

上の記事の前には次のような記事が。。。

*****************************************************************

抜粋

インストラクターから次のようなアドバイスを受けた。
●先行車両や信号など、常に先を読むクセをつけて、急発進や急制動をできるだけ回避する。
●アクセル量を常に一定に、できるだけ高いギアで低い回転数を保って巡航する。
●前方の動きを察知し早めにアクセルオフすることにより、燃料カットの時間をできるだけ長くとる。
●赤信号や渋滞などでやや長めの停止と判断したときはすみやかにアイドリングストップへ。

こうしたアドバイスに従い、小まめに暖機運転を停止させ、早めのシフトアップとアクセルオフを心がけて運転した結果、わずか8km弱・20分弱の距離・時間で、110ccのガソリンを節約できた。

エコドライブ体験後、ドイツモダンドライブ社製「Modern Drive Eco」が算出したデータに目を通す。エンジン回転数の上下を示すグラフには、1回目の通常運転が赤で、2回目のエコドライブが緑色で描かれている。緑色の線が回転数“0”まで急降下している部分が6か所ある。これがアイドリングストップによるもの。

また、
800回転あたりで一定で300mほど走っている部分は、アクセルオフで走っているが、燃費・回転数グラフを見ると、そのさいにも燃料が若干だが使用されていて、燃料カットが行なわれていない。これは、巡航時にギアをニュートラル・レンジに入れて滑走している状態だ。Nレンジに入れて滑走することも燃費節約のひとつの手だとインストラクターは話す。

Imgres128299_2_r

レスポンス 大野雅人

***************************************************************

確かに800回転程度でアクセルオフしてもエンブレは効かずに燃料は消費されるのは間違いありません。Nレンジで滑走して燃費向上するのは、アイドリング(800回転)と同じ回転数だからです(実際に巡航速度域で800回転しか回らない状態がどれだけあるのか疑問ではありますが)。

それをどう解釈したのかアクセルオフすればエンブレが掛かって一番燃費を稼げる下り坂でわざわざニュートラルにして若干の燃料を消費するアイドリング状態にしてしまうって。。。

それ以前に下り坂をエンジンブレーキを効かさない=フットブレーキのみで下ってしまう危険な運転を勧めてしまうこと自体驚きなのですが。。。(゚Д゚)ハァ?

危険なので決してNレンジorニュートラルで下り坂を走行することは止めましょう

(◎´∀`)ノ

|

« 年に一度のビーナスライン | トップページ | But he has nothing on!~プジョー2台のハイブリッド発表~ »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いやぁビックリです。この人本当に自動車記者なんでしょうか?それとも事故らせて新車を買わせようとしてるんですかね?

ところで我が家に207styleが来て2ヶ月、happycanyonさんは走りすぎだと思ってましたが、あれよあれよと4000kmを超えてしまいました。(せっかく燃費が倍になったのに燃料代が変わってない・・・。)

これもstyleの運転が楽しくてしょうがないのと、燃費の良さの賜物ですね。

ただしエアコンをつけるとウルさくなるので、極力使わないようにはしていますが。

投稿: 新所 | 2009年8月21日 (金) 11時32分

コメントありがとうございます。
2ヶ月で4000kmはなかなかですね(*^-^)

私は前から走りまくっていたので燃費が良くなった恩恵をかなり受けています。前車の307と比べて207の燃料タンク容量は10L少ないけど、同じ距離かそれ以上伸びているので毎回その分の燃料代1,300~1,500円前後は浮いていますね。

確かにエアコンはうるさいというか明らかにエンジン音が変化するような感じですね。でも暑いのは我慢できないので掛けっぱなしにして、ワインディングとか飛ばしたい時にオフにする感じです。

207styleのインプレッションがあれば聞かせてくださいね。

投稿: happycanyon | 2009年8月22日 (土) 16時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VWエコドライブトレーニング(毒吐き注意):

« 年に一度のビーナスライン | トップページ | But he has nothing on!~プジョー2台のハイブリッド発表~ »