カテゴリー「経済・政治・国際」の12件の記事

2008年11月14日 (金)

子供に夢を・・・

麻生太郎首相が12日、母校の学習院大学で開かれた日中両国の交流事業「日中青少年歌合戦」でのあいさつで、「頻繁」を「はんざつ」と言い間違える場面があった。
 首相は、用意した文書に目を落としながら、12月に日本で開かれる日中韓首脳会談に触れ「1年のうちにこれだけ『はんざつ』に両首脳が往来したのは過去に例がない」と語った。さらに、今年5月の四川大地震に関するくだりでは「未曽有の自然災害」を「みぞゆう」と読み誤った。
 首相は7日の参院本会議でも、自らの歴史認識を問われ、アジア諸国への侵略を認めた1995年の村山富市首相談話を「踏襲する」と言うべきところを「ふしゅうする」と答弁している。

時事通信より

*************************************************************

 首脳は「はんざつ(煩雑)」に往来しないし、「ふしゅう」は腐臭?俘囚?「みぞゆう」にいたってはそんな日本語は存在するのか・・・

まさか日本国政府の長「内閣総理大臣」が本気で漢字が読めないはずないですよね?

商店街に行ったり居酒屋に行ったり、庶民派をアピールしている総理のことですから、故意に漢字を間違えて巷で流行ってる「おバカキャラ」になりきり、さらに我々庶民に親近感を持ってもらう戦略だと受け取りましたよ。(o^-^o)

そっか

漢字が読めなくても総理大臣になれると子供に夢を与えてるんですね。

なんと素晴らしい

さすが麻生首相(あさなましゅそう)です ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

政治の疑問いろいろ

最近感じた政治関係の疑問を大放出

疑問その1

国会審議が停滞している間にも毎日億単位の国会開催費用が使われていると思うのですが、それって税金の無駄使いにならないのでしょうか?

疑問その2

「ガソリン値上げ阻止隊」とかいかにも「国民のためだ」的なこと言って衆院議長室前を取り囲んで、「ワ~ワ~」叫んで本会議を欠席してもあの方々にはしっかりと税金から歳費が支払われていますよね。これは歳費に見合った議員のお仕事なのでしょうか?

疑問その3

民主党は民意を問うんだと解散に追い込むのは良いけど、総選挙すると1回に約770億円使うんですよね。それで政権を取って良い政治をしてくれる担保があるのでしょうか?いつぞかの選挙で高速道路料金を無料にすると公約したけど参院で法案は出さないのでしょうか?暫定税率でゴタゴタするより無料にした方がよほど経済効果があると思うのですが・・・

疑問その4

首相は来年から道路特定財源を一般財源化すると言いながら暫定税率を復活させて、道路特定財源として10年延長する法律を通すって普通に考えて変だと思うけど、本音は一般財源化することがウソで次の政権になって「一般財源化?そんなの知らん」と反故にするための10年延長なのでしょうか?

疑問その5

暫定税率が一時的になくなり、ガソリンが安くなって燃料高騰で苦しんでいた事業者はありがたかったと思いますが、一般ユーザーは安くなったガソリンを入れるためにあちこち走ってタンクを空にしたり、必要もない遠出をしてみたり、4月30日にはスタンドに行列を作って渋滞を引き起こし、行列の間もエンジンを止めるはずもなく排気ガスは垂れ流し状態。一回の金額は安いかもしれないけど、多く消費したら合計で使う金額は変わらなくなることに気づかないのでしょうか?

このゴタゴタは政府はもとより、与野党共に重大な責任があると思います。

いろいろ疑問があっても政治は明後日の方に向かっていることは確かなようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

泥舟自沈

泥舟安倍内閣があっけなく自沈しました。

年末の記事にも書きましたが、安倍さんには首相の資質はありません。

安倍さんはそのことに最後まで気付かなかったのかとうとう潰れてしまいました。

政界サラブレッドという自意識が強くその亡霊に悩まされたのかもしれません。

首相になるにはあまりに経験が足りなかったと思います。

それにしても実が伴っていない政治家を首相に担ぎ出した前首相が表に出てこないのはどうなんでしょ。

次期首相最有力候補もサラブレッド、上手く乗り切れるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

一所懸命

公明党の太田代表は21日、東京都日の出町で街頭演説し、安倍政権について「(赤城徳彦・前農相が)ばんそうこうを張ってみたりとか、色んなことがあった。なんだ、安倍政権は。安倍政権がだらしないということは、皆さんの言う通りだ」と述べ、閣僚の不祥事が相次ぐ政権の現状を批判した。

[読売新聞社:2007年08月22日 10時56分]

あれ?「だらしない安部政権」に公明党から入閣してませんでしたっけ? その大臣もだらしないと認めたの? 違うなら大臣を引き上げるくらいしたらどうでしょう。

さらに

公明党は22日、歴史的惨敗を喫した参院選を総括するため、全国県代表協議会を党本部で開いた。太田昭宏代表は、年金記録不備問題や閣僚不祥事をめぐる逆風が強まる中で「公明党も自民党と一体とみられた」ことが惨敗につながったと指摘。今後は「問題が生じればチェック機能を働かせ、踏むべきブレーキをしっかり踏む」と述べ、与党内で安倍首相の政権運営に対する“直言路線”を強める考えを示した。

[共同通信社:2007年08月22日 19時56分]

あれ?今まで選挙協力で一体化を進めてきたのでは?

小泉=安倍と信じて自民と一緒にアクセルを踏んできたけど、今回の選挙で違うと解ったなら一所懸命にならずにここで覚悟を決めて急ブレーキを踏めば支持組織以外にもアピールできるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

泥舟から降りたいけど・・・

今日の記事より

公明党は7日の政治改革本部で、政治資金規正法の再改正を図り、政治活動費も「1円以上」の支出には領収書添付を義務付けるべきだとの認識で一致した。自民党が同調しない場合でも、国会に単独提出する構えで、与党内のきしみが拡大する可能性が出てきた。一方、民主党も7日、すべての政治団体の経常経費について「1円以上」の支出に領収書添付を義務付ける再改正案を国会提出する方針を決めた。

[共同通信社:2007年08月07日 22時36分]

*************************************

だったら、初めから1円以上を主張すればいいのに(-_-;)

公明党の元の主張は・・・

自民、公明両党は19日、政治資金の透明化策に関するプロジェクトチーム(PT)を開き、政治資金規正法改正案の取りまとめに向け協議に入った。しかし、公明党が領収書添付の義務化を法案に明記する案を示したのに対し、自民党は事務所費の項目細分化にとどめるべきだと主張。合意は得られず結論を持ち越した。

 PTでは、資金管理団体の不動産所有の禁止を法案に盛り込むことを確認した。ただ、事務所費を含む経常経費(人件費は除く)の扱いについて、公明党は政治家が代表を務める資金管理団体に限り、1件5万円以上の支出に領収書添付を義務付ける案を提示したのに対し、自民党側は「義務化すればプライバシーの侵害につながる恐れがあり、事務作業も煩雑になる」と難色を示した。自民党案は政治団体の事務所費を「地代・家賃」や「通信費」など5項目に細分化する内容にとどめている。

(2007/04/19 22:43)産経新聞より

**********************************

選挙に大敗したからって政策を変えるってどうなの?

さらに

自民党は党所属国会議員に対し、関係する政治団体の名称や所在地などを党本部に報告させるとともに、事務所費や光熱水費などの支出に二重計上などの問題がないか、再点検を命じている。また、税理士などの外部監査を受けることも促している。安倍首相はこの報告を、内閣改造や党役員人事の判断材料にする構えだ。

[読売新聞社:2007年08月07日 14時56分]

****************************************

1円領収書を拒否したい自民党なのに、外部監査を受けたら誰も閣僚になる人がいなかったなんて笑い話にもならない事態に陥らないことを祈るばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

「美しい国」と「戦後レジームからの脱却」

久しぶりに政治ネタを・・・

意味不明な幻想を並べて強引になりふり構わぬ政策運営を押し通す安部政権 

「美しい国」ってなに?

日本って元は美しかったの?これから美しくするの?

こちら 美しい国プロジェクト 

まったく何が言いたいのか何をしたいのか私には理解できません。誰か理解できる人はいますか?これでいくらの税金を捨てるの?

「戦後レジームからの脱却」ってなに?

戦後レジーム=戦後日本の体制から脱却らしいけど戦後日本って自民党が作ってきた体制じゃないの?自身が総裁である党の歴史を否定し脱却するの?「現行憲法はGHQから押し付けられたから自主憲法を作ろう」ってのが自民の基本だけど、自民は「親米」なのに「GHQ=アメリカ」から脱却するの?でも安部政権の目指す姿はアメリカみたいです。理解できません。

詳しくはこちら 「戦後レジームからの脱却」について

この政権とても恐ろしい気がするのですが大丈夫ですか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年2月13日 (火)

シラケ鳥

またまた安倍総理のパフォーマンスが炸裂しました。殉職した宮本警部の弔問に訪れて「危険を顧みずに人命救助にあたったミヤケさんのような方を私は総理として、日本人として誇りに思います...」って名前くらい予習しましょうよ(-_-;) イメージアップに利用するなら来ない方がいいですよ。

し~らけど~り 飛んでゆく 南のそ~ら~へ ミジメミジメ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

やりたい放題

年末に書いた「人の上に立つこと」で心配したことが現実になってきたようです。安倍総理は総裁選で応援してもらった人を報奨で閣僚にしてしまったのがボタンの掛け違いで、閣僚のみなさんが甘えて言いたい放題やりたい放題。もう収拾がつかなくなってきています。おまけに勝手に北に行ってしまう人も出る始末。。。アメばかり与えるとこうなるものです。「美しい国内閣」が女性蔑視はする、米国批判はするで大声で「美しい国」と訴えても空々しく聞こえるだけです。これからいくら厳しくしようとしてももう遅いでしょうね。気づいたら味方がいなくなり参院選前に引き摺り下ろされた なんて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

人の褌

宮崎県知事に東国原氏が当選し、安倍首相が「彼は再チャレンジに

成功したんだ」といかにも自分の「再チャレンジ政策」が正しいように

言及したそうです。

首相が言う前から彼は自分の考えで頑張ったのであって政策は

まったく関係ありません。自分の党がボロ負けしたのに人の褌で

相撲は取ったらいけませんね。

もうそんなに必死にアピールしなくていいですよ。空しくなるだけです(=_=) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

人の上に立つこと

9月に小泉さんから安倍首相になって約3ヶ月、安倍首相はどうも期待していた人とは違うのではないかということが見えてきたように思います。成果は就任して真っ先にアジアに出掛けて関係を修復するきっかけを作っただけで、後はTM問題、復党問題、本間委員長問題、佐田大臣不正会計疑惑と問題噴出、復党問題以外はすべて安倍首相本人が責任を問われることだけに、人を見る眼力がないと思ってしまいます。 道路特定財源の件ではっきりしましたが、良否は別にしてせっかく小泉さんが5年も掛けて作った官邸主導の政府が早くも崩れ去りそうです。官僚と与党の言いなり政府に戻るようなら安倍さんの総理としての資質が小泉さんとはまったく逆だということが分かります。 安倍首相は自ら先頭を切って引っ張っていくタイプではなく、周りに背中を押されて先頭を歩かされるタイプでしょうね。周りがコケたらオドオドするばかり。。。

先日開かれた首相記者会見を見ましたが、「私はこれだけ頑張っているんだよ!!」という必死なアピールでほとんど時間を使ってしまい、批判の対象に。。。 聞いて欲しいことがありすぎて、要点もまとめずあれもこれも話して結局なにが言いたいのがさっぱり。。。そんな感じです。 その点小泉さんはワンフレーズで訴えかけるのでとても分かりやすく、国民に支持される要因になっていました。勉強が必要です。

私は今年から数名の部下を持つ役職に付いたのですが、管理監督者は部下の能力・性格を的確に把握し、それぞれに合った仕事を与え、正しい方向へ導くように支持を出すことが求められます。それが上手くいかないと成果が出ません。指示の出し方でもトップダウンだけだと押し付けと取られて部下からそっぽを向かれ、部下に考えを任せて行動させると好き勝手に動き出す。アメとムチを上手く使い分けることが大切ですね。人の上に立つことは難しいものです。1年経って少し形になったかな程度です。

小泉さんはムチばかり、安倍首相はアメばかり、、、足して2で割った人が総理大臣に適任なんでしょうね。そんな人はいませんが。。。 安倍首相には自身の資質が総理に向いていないことを国民に気付かれる前に考え方を変えないと、短命に終わることに気付いて欲しいです。政治に対する情熱は持っていると思うので、期待して応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧