カテゴリー「車」の91件の記事

2009年8月22日 (土)

But he has nothing on!~プジョー2台のハイブリッド発表~

  プジョーは17日、『3008』と新型車『RCZ』のハイブリッド仕様の概要を明らかにした。「ハイブリッド4」と呼ばれるシステムは、直噴2.0リットル直4ターボディーゼルにモーターを組み合わせたもので、トータル出力200ps。CO2排出量95 - 99g/kmという高い環境性能を誇る。

プジョーは2008年9月のパリモーターショーで、コンセプトカー『プロローグ…』を披露。『308』がベースの新型クロスオーバー、3008を示唆したコンセプトで、心臓部には高効率のディーゼルハイブリッドを搭載していた。

さらにPSA(プジョーシトロエン)は今年4月30日、プジョー『3008』とシトロエン『DS5』(現時点で未発表)に、ディーゼルハイブリッド車を設定し、2011年から生産すると発表。シトロエンの新高級ブランド、「DS」レンジのミドルクラス車にも、ハイブリッドを積極展開する意向を表明していた。

そして今回、ハイブリッド4を積む3008とRCZを初公開。そのシステムはフロントに直噴2.0リットル直4「HDi FAP」ターボディーゼルエンジン(163ps、30.6kgm)を置き、リアアクスルにモーター(37ps、20.4kgm)を内蔵。エンジンが前輪、モーターが後輪を駆動する4WD方式だ。2次電池は三洋製のニッケル水素バッテリーで、トランク床下に置かれる。

トランスミッションは6速2ペダルMTで、アイドリングストップ機構を組み込むことにより、燃費やCO2排出量は、ベースのHDiエンジン比で最大約35%削減。CO2排出量は3008で99g/km、RCZでは95g/kmを実現した。元祖ハイブリッド、新型トヨタ『プリウス』の89g/kmにはかなわないが、トップレベルの環境性能をマークする。

2台のハイブリッド4は、9月15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。3008ハイブリッド4は2011年初頭に市販、RCZハイブリッド4の発売時期は未定である。国によってはディーゼル比率が6割を超える欧州では、ガソリンハイブリッドよりもディーゼルハイブリッドに勝算がありそうだ。

Imgres128444_1_r_23008 Hybrid4

Imgres128444_3_rRCZ Hybrid4

**************************************************************************

今回プジョーが投入するハイブリッドはプリウスとは違い、モーターがエンジンの補助をするのではなく、前をディーゼルエンジン後輪をモーターが駆動する4WD方式です。トヨタや日産にも後輪をモーターで駆動するモデルがありますが、それとは考え方が違うようです。

低速からトルクが出るディーゼルエンジンにさらに37馬力分も後輪でトラクションを掛けてもらえたらかなり気持ちの良い加速と運転の楽しさが想像できます。

それでいて燃費が良くてCO₂の排出が少ないのだから売れる要素満載です。

走りに我慢を強いられるどこかのハイブリッドとは大違いです。

ちなみにプリウスのCO₂排出量89kg/kmは机上の数値なのは言うまでもありません。( ´,_ゝ`)ハイハイ

いよいよディーゼルハイブリッドが投入される欧州。日本ではガソリンハイブリッドにこだわり続けモデルを肥大させる(自称)トップハイブリッドメーカーがあり、それを賞賛するメディアがあり、賞賛を信じて購入する膨大な数のユーザーがいます。

私はこう叫びたい

「王様は裸だよ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

VWエコドライブトレーニング(毒吐き注意)

東京・お台場で8月1・2日に開催された「Volkswagen Driving Experience - エコドライブトレーニング」に参加後、インストラクターからアドバイスされたポイントを踏まえて実際にマイカーでエコドライブを実践してみると、効果てきめん。エコドライブ実践前後で27%の燃費改善が見られた。

8月の週末、天気は雨、気温30度。東京都心から首都高速・常磐道を介してツインリンクもてぎを同ルートで往復。クルマは92年製2シーター車で助手席にも同乗者あり。常時エアコンを入れていないと辛い感じ。一般道・首都高・常磐道と、往復のすべてにわたり渋滞に巻き込まれず、往復での交通状況に大きな差は見られなかった。

こうした状況で、往路は普段使いのドライブで、復路はインストラクターのアドバイスを思い出し小まめに実践し、燃費を測定した。

往路の常磐道では追い越し車線と走行車線を行ったり来たりという運転で、エアコンも常にオン。追い越し車線では後続のクルマに煽られ、ドンと加速させられる場面もあった。

いっぽう復路の常磐道では、アクセル量を定め、走行車線を80km/h以下の一定のスピードで走る。ICの出入り口付近では第2走行車線(3車線での真ん中車線)へと渡り、出入り口付近での加減速を控えたりし、前方の交通状況をいち早く察知することを心がける。また、エアコンも適宜オン・オフを繰り返す。

高速道路上とツインリンクもてぎまでの一般道(山道)では、上り坂では回転数をできるだけ一定にするようにギアチェンジ。下り坂ではクラッチを切りニュートラルで滑走するように運転してみた。

こうした細やかなエコドライブを試みた結果、往路の燃費は19km/リットル、復路は26km/リットル。およそ27%の改善が見られた。今回の目的地が高地で全体として往路が登り、復路が下りであることから、平地での移動であれば2割弱の改善が期待できるのではないか。

明らかに復路のほうが操作数が増えるが、運転する楽しさは損なわれていない。むしろ楽しめる部分のほうが多いとも思う。エコドライブ未体験の人は、次回のVWエコドライブトレーニングに参加しマイカーで実践してみてほしい。

レスポンス 大野雅人

*****************************************************************

VWのエコドライブトレーニングは日本各地で行われていて燃費向上の基本はVWが指導する通りだと思っています。

が、この記事の記者はどうも講師のアドバイスを間違って解釈しているようです。

上の記事の前には次のような記事が。。。

*****************************************************************

抜粋

インストラクターから次のようなアドバイスを受けた。
●先行車両や信号など、常に先を読むクセをつけて、急発進や急制動をできるだけ回避する。
●アクセル量を常に一定に、できるだけ高いギアで低い回転数を保って巡航する。
●前方の動きを察知し早めにアクセルオフすることにより、燃料カットの時間をできるだけ長くとる。
●赤信号や渋滞などでやや長めの停止と判断したときはすみやかにアイドリングストップへ。

こうしたアドバイスに従い、小まめに暖機運転を停止させ、早めのシフトアップとアクセルオフを心がけて運転した結果、わずか8km弱・20分弱の距離・時間で、110ccのガソリンを節約できた。

エコドライブ体験後、ドイツモダンドライブ社製「Modern Drive Eco」が算出したデータに目を通す。エンジン回転数の上下を示すグラフには、1回目の通常運転が赤で、2回目のエコドライブが緑色で描かれている。緑色の線が回転数“0”まで急降下している部分が6か所ある。これがアイドリングストップによるもの。

また、
800回転あたりで一定で300mほど走っている部分は、アクセルオフで走っているが、燃費・回転数グラフを見ると、そのさいにも燃料が若干だが使用されていて、燃料カットが行なわれていない。これは、巡航時にギアをニュートラル・レンジに入れて滑走している状態だ。Nレンジに入れて滑走することも燃費節約のひとつの手だとインストラクターは話す。

Imgres128299_2_r

レスポンス 大野雅人

***************************************************************

確かに800回転程度でアクセルオフしてもエンブレは効かずに燃料は消費されるのは間違いありません。Nレンジで滑走して燃費向上するのは、アイドリング(800回転)と同じ回転数だからです(実際に巡航速度域で800回転しか回らない状態がどれだけあるのか疑問ではありますが)。

それをどう解釈したのかアクセルオフすればエンブレが掛かって一番燃費を稼げる下り坂でわざわざニュートラルにして若干の燃料を消費するアイドリング状態にしてしまうって。。。

それ以前に下り坂をエンジンブレーキを効かさない=フットブレーキのみで下ってしまう危険な運転を勧めてしまうこと自体驚きなのですが。。。(゚Д゚)ハァ?

危険なので決してNレンジorニュートラルで下り坂を走行することは止めましょう

(◎´∀`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

おすすめドライビングシューズ

車を操るには微妙なアクセルワークとブレーキングが必要で足の指先から足裏の感覚がとても大切ですが、なかなか合ったシューズがありません。

一番良いのはもちろん

Dsc02993

レーシングシューズです。

靴底はペラペラで素足に近い感覚で細かい操作ができますが、普段履けるはずはありません。

そこでレーシングシューズと似た感覚でしかも普段でもオシャレに履けるシューズを紹介します。

Dsc02996 STYLE SANGER/BRN

フランス発祥のブランド「パトリック」。靴底の前半分がとても薄くなっている反面、踵はしっかりとしていてクッション性があるので歩いても疲れにくくなっています。

と10年近く愛用していて見ての通りボロボロなのでこの度世代交代をしました。

Dsc02994 VINTAGE SULLY-LE/CHO

これは前に履いていたものよりさらに足にフィットしてレーシングシューズに似た履き心地でお気に入りです。

販売店が限られていて価格もお高めですがおすすめです。

Dsc02997

パトリックもプジョーと同じ立ったライオンなのは偶然?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

机上と現実の間で~プリウスvsインサイト 5万km走って~

トヨタ『プリウス』とホンダ『インサイト』、どちらがお得か。燃費性能はプリウスの方が優秀だが、車両価格はインサイトの方が安い。年1万km、5年間で5万km乗るとして比べてみよう。

インターネットで燃費を管理する「e燃費」(運営:IRIコマース&テクノロジー)によると、プリウスの実燃費は23.2km/リットル。5万kmを走るとして消費するガソリンは2155.2リットル、14日のガソリン平均購入価格は120.6円/リットルなのでガソリン代は25万9917円かかる。

同様にインサイトの実燃費は19.7km/リットル、5万kmを走るためのガソリンは2530.1リットル、30万5130円。

プリウスの方が、ガソリン代は4万5213円お得だが、車両価格はベーシックグレード同士で比べてプリウスが16万円高いので、インサイトの方が差し引き11万4787円お得だ。

実際には2車の商品企画は異なるので燃費コストだけを比較できないが、こういうものだというお話し。

レスポンスより

01_l

Imgres127265_2_r

*************************************************************

この記事の誤りを指摘しておきたいと思います。

正しくは

プリウスの燃費は38km/L、5万キロ走るとして消費するガソリンは1,315.8L、ガソリン代は158,685円掛かる。インサイトの燃費は30km/L、5万キロ走るために消費するガソリンは1,666.7L、ガソリン代は201,004円掛かる。プリウスの方が、ガソリン代は4万2319円お得だが、車両価格はベーシックグレード同士で比べてプリウスが16万円高いので、インサイトの方が差し引き11万7681円お得だ。』

です。

それにしても空論と現実とでは掛かるガソリン代がプリウスが5万円、インサイトにいたっては約10万円も違い、エコの代名詞CO₂排出量にいたっては計算するのも嫌になるくらい違ってくるけど、誰も怒らないんですねぇ┐(´-`)┌

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009年6月23日 (火)

これが現実なんだよね~エンジンオブザイヤー2009~

英国のUKIPメディア&イベント社は17日、ドイツ・シュツットガルトで開催された「エンジンエキスポ」において、「インターナショナルエンジンオブザイヤー2009」を発表した。排気量別のカテゴリーでは、全8部門中、BMWが3部門、メルセデスベンツが2部門、フォルクスワーゲンとアウディが1部門ずつと、欧州メーカー優位の結果だった。

エンジンオブザイヤーはクルマの心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、今年が11回目。6月17日時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている車種のエンジンを対象に、世界32か国65名のジャーナリストが投票を行い、各賞を決定した。

排気量部門別のエンジンオブザイヤーは以下の通り。

1.0リットル以下
トヨタの1.0リットル直3…『iQ』など

1.0 - 1.4リットル
VWの1.4リットル直4ターボ&スーパーチャージャー「TSI」…『ゴルフ』など

1.4 - 1.8リットル
BMWとPSAの1.6リットル直4ターボ…『MINIクーパーS』など

1.8 - 2.0リットル
アウディの2.0リットル直4ターボ「TFSI」…『Q5』など

2.0 - 2.5リットル
メルセデスベンツの2.2リットル直4ツインターボディーゼル…『Eクラス』など

2.5 - 3.0リットル
BMWの3.0リットル直6ツインターボ…『Z4』など

3.0 - 4.0リットル
BMWの4.0リットルV8…『M3』

4.0リットル以上
メルセデスベンツAMGの6.2リットルV8…『SL63AMG』など

BMWが1.4 - 1.8リットル、2.5 - 3.0リットル、4.0リットル以上の3部門を制覇。直4、直6、V8と気筒数の異なるエンジンが選ばれている点は興味深い。また、メルセデスベンツは最新クリーンディーゼルとスポーツ性に特化したAMGという両極端の2エンジンが受賞した。日本メーカーは、トヨタの1.0リットル(プジョー『107』とシトロエン『C1』にも搭載)だけという、寂しい結果となっている。

*****************************************************

日本人しか騙せないエンジンっていったい。。┐(´-`)┌

所詮 役人と日本車メーカーが作り上げたインチキは世界に通用しませんからぁ~

これが現実なんだよね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

世界の目は。。。

英国のUKIPメディア&イベント社は17日、ドイツ・シュツットガルトで開催された「エンジンエキスポ」において、「インターナショナルエンジンオブザイヤー2009」を発表した。環境性能の高いエンジンに贈られる「グリーンエンジン」には、フォルクスワーゲンの1.4リットル直4ターボ&スーパーチャージャー「TSI」が選ばれた。

エンジンオブザイヤーはクルマの心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、今年が11回目。6月17日時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている車種のエンジンを対象に、世界32か国65名のジャーナリストが投票を行い、各賞を決定した。

グリーンエンジンオブザイヤーの結果は以下の通り。

1. VWの1.4リットル直4ターボ&スーパーチャージャー「TSI」(205点)…シロッコなど
2. ホンダの1.3リットル直4+モーター(203点)…インサイトとシビック
3. BMWの2.0リットル直4ツインターボディーゼル(147点)…123d
4. BMWの3.0リットル直6ツインターボディーゼル(133点)…335dなど
5. メルセデスベンツの2.2リットル直4ツインターボディーゼル(115点)…Eクラスなど
6. フォードの2.5リットル直4+モーター(82点)…フュージョンハイブリッドなど

フォルクスワーゲンの1.4リットル直4TSIが、ホンダ『インサイト』などの1.3リットル直4+モーターに、わずか2ポイント差で逃げ切った。1.4TSIはインターナショナルエンジンオブザイヤー2009にも選出されており、グリーンエンジンとのW受賞となった。また、2位以下はすべてガソリンハイブリッドかディーゼルという中で、TSIの1位は健闘に値する。

この1.4リットルTSIは、スーパーチャージャーとターボという2種類の過給器を回転域によって使い分け、2.4リットルエンジン並みの160 - 170psの最大出力と、24.5kgmの最大トルクを実現。また、1.4リットルの小排気量は、時代のニーズに合ったダウンサイジングユニットであり、欧州複合モード燃費16.13km/リットル、CO2排出量144g/kmという優れた環境性能を発揮する。

グリーンエンジンに選ばれた理由は、ある審査員の「ターボ&スーパーチャージャー、そして小排気量エンジンという素晴らしいコンビネーション」という言葉に表れているようだ。
************************************************

あれ?日本で18万台も受注したという世界最高燃費を謳ったエコ車のエンジンは?

世界の目は間違っていませんね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

これさえあれば。。。~アクセラ発表~

マツダアクセラがモデルチェンジしました。

02_lax

基本は先代からキャリーオーバーしていますが、最大の売りは「i-stop」なるアイドリングストップ機構。

09_lax

1日10分間のアイドリングストップで年間最大95Lの燃費削減効果があるそうです。

燃費で一番ムダなのは車が止まっているアイドリング状態なのは紛れもない事実。なんたって0km/Lですから、車が停止したらエンジンを止めてしまうのが一番です。

それを拡大解釈して開発したのが、トヨタのハイブリッドシステムのはず。

停止~走り出しを電気、通常はエンジン、パワーが必要な場面は両方で。。。

05_lp

その考えでいけば初代のように排気量なんて少なくていいはず。しかし、今のプリウスは1.8Lにも拡大してしまいました。そこまで拡大したのにパワーは99psと燃焼効率の最大化を自称しているが、モーターがないと使い物にならないヘロヘロエンジン。ドライバビリティは確実に犠牲になっているはず。

マツダが投入したアイドリングストップ機構があれば、わざわざ犠牲にしてまで複雑な機構を使わなくても実燃費は確実に向上します。

今は2.0Lエンジンのみですが、今後もっと小排気量に展開できればさらに燃費向上が期待できます。

と、アクセラを誉めていますが安全装備がまだまだなのでお話になりません( ゚д゚)、ペッ

アクセラ、プリウス共々機会があれば試乗したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 5日 (金)

日本車があるから。。。

日本自動車輸入組合が発表した5月の車名別輸入車登録台数トップ10(実際はブランド別)によると、フォルクスワーゲンが前年同月比14.8%減の2823台と大幅マイナスながらトップだった。

2位はBMWで同19.8%減の1993台、メルセデスベンツは同22.7%減の1800台で3位だった。

4位のアウディは同6.2%減の1147台と小幅なマイナスだった。5位がトヨタ、6位がBMWグループのMINI、7位がボルボ、8位がスズキ、9位がポルシェ、10位にはフィアットがランクインした。

**********************************************************

プジョーは10位にも入らなくなってしまいました(´;ω;`)ウウ・・・

この惨憺たる状況では今年の東京モーターショーに各海外メーカーが見向きもしないのも当然。現時点で参加するのはヒュンダイ、フェラーリ、ロータス、アルピナのみ。。。

まっ 世界一の技術と品質の日本車が安く買えるんだから、わざわざ高い海外の車なんてこの国には必要ないっすね。。。

ふぅ~ なんて可哀想な国なんだ 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年5月28日 (木)

10万人が貢献したものは。。。(毒吐き注意)

「新型ゴルフは、燃費に優れているのも特徴です」。フォルクスワーゲングループジャパンのゲラシモス・ドリザス氏は、新型『ゴルフ』発表会(9日)のプレゼンテーションで燃費についてきっぱりと言った。

たしかに、16.8km/リットル(「TSIコンフォートライン」)という10・15モードの燃費は立派で、1.4リットルの「TSI」エンジンは実燃費も10・15モードに近い数値を出すという驚きの事実を記者も実体験として知っている。

「同じエンジンを搭載する先代は、e燃費(e-nenpi.com)で昨年度登場した新型車のなかでトップ3に入りました。ちなみにゴルフ以外の2台は、軽自動車です。さらに新型では約10%(燃費が)良くなりました」
(ドリザス氏)。

今回発表されたゴルフのTSIコンフォートラインと「TSIハイライン」のパワーユニットは、いずれも1.4リットルと小排気量のエンジンに過給気を組み合わせて燃費を重視したもの。低回転から太いトルクが立ち上がり、エンジン回転を高めなくても十分な加速をするので、ガソリンを無駄に消費しないのが特徴である。

さらに、トランスミッションは7速に乾式クラッチを組み合わせた最新バージョンの「DSG」。ここにも燃費を高める秘密があり、それは駆動ロスがきわめて少ないこと。そして積極的に高いギヤを選ぶ変速プログラムにより走行中のエンジン回転数を低くし、燃料消費を抑えているのである。

16_lw

***********************************************************

必死にエコだと訴えても日本じゃエコと認められない理不尽さ。。。

私が実践している燃費の良い運転方法は当ブログを始めた当初に書きましたが、

とにかくアクセルは踏み込まず低速ギアで引っ張らずに高いギアに入れてしまうことが重要です。

307の時も今の207style(Mモード)も2000回転でシフトアップするようにしていますし、207styleのAモードでも1800~2100回転でシフトアップするように躾けました。

またゴルフが謳っている「駆動ロスがきわめてめて少ない」というのも嘘ではなく、日本限定で燃費が良いとされているが実際はベルトがズルズル滑って馬鹿みたいにロスの多いCVTではなく、駆動ロスの少ないMTをツインクラッチを使ってさらにロスを排除しているので燃費は良くて当然です。

何度も言っていますが、絶対に出ないカタログ燃費38km/Lで頑張っても実燃費が23~4km/Lの車と、カタログ燃費が16.8km/Lで普通に乗って実燃費が20km/Lの車、ハイブリッドなる高価で複雑な夢?の仕組みを使ってもガソリンオンリーの燃費と大差のない現実。

正常な思考をしていたらどちらがエコなのか簡単に解るはずなのですが。。。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

まぁ マスコミがこぞって「ハイブリッド=究極のエコ」、「38km/L 満タンで青森から下関1700kmも走れる!」と報道すればトヨタと官僚の思うツボ。

それを信じて注文してしまった10万人もの人は、地球環境ではなくトヨタの利益に貢献するのでした(*^ー゚)bグッジョブ!!

01_l すでに10万人も騙した車

どなたか実際に無給油で1700km走って実証してくれる方はいませんかぁ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

正直者は馬鹿を見る?~VWゴルフⅥ発売~

日本で一番売れている輸入車ゴルフがモデルチェンジし日本導入が開始されました。

01_l

ゴルフⅥは1.4シングルチャージとツインチャージの2機種で、それぞれ10・15モードで16.8km/L、16.2km/Lとかなり良い燃費を実現しています。

ご存知の通り欧州車はモード燃費でも実燃費との乖離が少ないので、普通に運転してモード燃費付近の実燃費は見込め、燃費を意識した運転をすれば軽く20km/Lを越えられるでしょう。

価格は275万円と312万円

「えぇ~!1.4Lなのに300万円もするのぉ~?」

と、驚く声が聞こえてきそう (゚ー゚;

「小排気量=安い車」と植えつけられた日本の固定概念を覆し「小排気量=エコ」として受け入れられるか。。。

その点を踏まえてかVW日本法人社長がチクリ

**********************************************************

日本車メーカーは、ドイツ政府の奨励を受けられるのに、ドイツのメーカーが日本政府の減税を受けられないのはおかしい――。フォルクスワーゲン(VW)日本法人のジェリー・ドリザス社長は9日、新車発表の席上で、日本が4月から始めた環境対応車への優遇税制に不満を漏らした。

 4月から国内で始まった自動車関連税の軽減拡充の対象は、国土交通省が認定する「四つ星車」(05年排出ガス基準値より75%以上低減した自動車)で、かつ燃費が10年度基準を15%以上向上した車。日本自動車輸入組合によると、この基準を満たす外車は、08年の販売実績の0.1%以下に過ぎないという。

 一方、ドリザス社長によると、ドイツの奨励の対象車の半分はドイツ以外の国のメーカーの車。「日本の対象車種以外の新車に買い替えても、環境負荷が下がることは変わらない」とした上で、「主要20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議では、保護主義にならないよう話し合っているはず」と主張した。

 ただ、輸入車業界内にも「『高級車』のイメージが武器の海外メーカーは、走行性能などを重視し、日本の環境性能を意識した車両を投入してこなかった面もある」との声もある。経済産業省自動車課は「対象に日本車を入れて外車を入れないという気はない。基準をクリアすれば、当然対象になる」としている。

朝日新聞webより

********************************************************

所詮日本車のモード燃費はインチキ、それを奨励して環境に優しいと認定して税制優遇をしてしまう政府に怒っています。

不満を訴えるのも至極当然です。(# ゚Д゚) ムッカー

私個人で気になったのは最後の輸入車業界の発言。

「日本の環境性能を意識した・・・」ってことは日本のインチキモード燃費を良くするためのエンジンを造り、車のセッティングをしろということでしょうか?呆れてしまいます。

官僚も優遇してほしければインチキしろと言ってる有様 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

輸入車業界は官僚に迎合することなく正直者が馬鹿を見ないように訴え続けることを願うばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

より以前の記事一覧