カテゴリー「プジョー」の99件の記事

2009年8月22日 (土)

But he has nothing on!~プジョー2台のハイブリッド発表~

  プジョーは17日、『3008』と新型車『RCZ』のハイブリッド仕様の概要を明らかにした。「ハイブリッド4」と呼ばれるシステムは、直噴2.0リットル直4ターボディーゼルにモーターを組み合わせたもので、トータル出力200ps。CO2排出量95 - 99g/kmという高い環境性能を誇る。

プジョーは2008年9月のパリモーターショーで、コンセプトカー『プロローグ…』を披露。『308』がベースの新型クロスオーバー、3008を示唆したコンセプトで、心臓部には高効率のディーゼルハイブリッドを搭載していた。

さらにPSA(プジョーシトロエン)は今年4月30日、プジョー『3008』とシトロエン『DS5』(現時点で未発表)に、ディーゼルハイブリッド車を設定し、2011年から生産すると発表。シトロエンの新高級ブランド、「DS」レンジのミドルクラス車にも、ハイブリッドを積極展開する意向を表明していた。

そして今回、ハイブリッド4を積む3008とRCZを初公開。そのシステムはフロントに直噴2.0リットル直4「HDi FAP」ターボディーゼルエンジン(163ps、30.6kgm)を置き、リアアクスルにモーター(37ps、20.4kgm)を内蔵。エンジンが前輪、モーターが後輪を駆動する4WD方式だ。2次電池は三洋製のニッケル水素バッテリーで、トランク床下に置かれる。

トランスミッションは6速2ペダルMTで、アイドリングストップ機構を組み込むことにより、燃費やCO2排出量は、ベースのHDiエンジン比で最大約35%削減。CO2排出量は3008で99g/km、RCZでは95g/kmを実現した。元祖ハイブリッド、新型トヨタ『プリウス』の89g/kmにはかなわないが、トップレベルの環境性能をマークする。

2台のハイブリッド4は、9月15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。3008ハイブリッド4は2011年初頭に市販、RCZハイブリッド4の発売時期は未定である。国によってはディーゼル比率が6割を超える欧州では、ガソリンハイブリッドよりもディーゼルハイブリッドに勝算がありそうだ。

Imgres128444_1_r_23008 Hybrid4

Imgres128444_3_rRCZ Hybrid4

**************************************************************************

今回プジョーが投入するハイブリッドはプリウスとは違い、モーターがエンジンの補助をするのではなく、前をディーゼルエンジン後輪をモーターが駆動する4WD方式です。トヨタや日産にも後輪をモーターで駆動するモデルがありますが、それとは考え方が違うようです。

低速からトルクが出るディーゼルエンジンにさらに37馬力分も後輪でトラクションを掛けてもらえたらかなり気持ちの良い加速と運転の楽しさが想像できます。

それでいて燃費が良くてCO₂の排出が少ないのだから売れる要素満載です。

走りに我慢を強いられるどこかのハイブリッドとは大違いです。

ちなみにプリウスのCO₂排出量89kg/kmは机上の数値なのは言うまでもありません。( ´,_ゝ`)ハイハイ

いよいよディーゼルハイブリッドが投入される欧州。日本ではガソリンハイブリッドにこだわり続けモデルを肥大させる(自称)トップハイブリッドメーカーがあり、それを賞賛するメディアがあり、賞賛を信じて購入する膨大な数のユーザーがいます。

私はこう叫びたい

「王様は裸だよ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

プジョー×パトリック

プジョー・シトロエン・ジャポンは、スニーカーブランド「PATRICK(パトリック)」とコラボレーションし、プジョーオーナーを対象に、8月3 - 23日、プジョー公式ファンサイトから限定200足のコラボレーションシューズの予約申込を受付ける。

PATRICKは、1892年に西仏プソージュ村の靴職人パトリック・ベネトゥ氏によって設立された。発足直後よりサッカーをターゲットに、サッカー専用シューズの製作を行い、スポーツファンの間で高い評価を受けた。1972年にはトレードマークであるシューズ後方に刻まれた2本ラインが誕生、ファッショナブルでオリジナリティー溢れるカラフルなシューズは話題となり、ファッション業界でも一躍注目を浴びた。

オリジナルコラボレーションシューズは、プジョー公式ファンサイト登録者のみ申込が可能。予約・購入申込は、サイトから行い、年内クリスマス頃納品予定。

オリジナルコラボレーションシューズの製作数は限定200足で、設定されるカラーはパールホワイトがベース色でソール部分にトリコロールカラーをあしらった「ニュートリコロール」と、プジョーのボディカラーであるモンテベロ・ブルーをイメージした「ブルー・ダジュール」の2色で、各色100足ずつを用意する。サイズは22.5 - 28.0cmを取り扱う。

価格は、ニュートリコロールが1万8800円、ブルー・ダジュールは1万9800円。


Imgres128040_1_r

***********************************************************

前の記事でおすすめシューズでパトリックを紹介したばかりですが、まさかプジョージャポンがパトリックとのコラボシューズを作っていたとは!!(゚ロ゚屮)屮

長年のプジョーとパトリック愛用者の私には是非モノで手に入れたいところですが、買い換えたばかりなので手が出ませんなぁ。。。

プジョージャポンさんもっと早く教えてよ(`ε´)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月16日 (木)

プジョーRCZ発売決定

来春コンセプトカー308RCZの市販バージョン「RCZ」の発売が決定しました。

Rcz_0907pc061_2

Rcz_0907pc057

Rcz_0907pc065 

カッコイイ~(゚▽゚*)

「RCZ」が似合う紳士になれたらなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

本物のエコカー~207マイナーチェンジ~

プジョーは29日、欧州で『207』シリーズのマイナーチェンジモデルを発表した。内外装のリファイン、装備の充実、CO2排出量99g/kmというクリーンディーゼルの設定などがニュースだ。

207は3/5ドアハッチバックが、2006年4月に欧州デビュー。2007年2月に『207CC』、2007年7月に『207SW』とバリエーション拡大を図ってきた。2007‐2008年の2年間、207シリーズは欧州B2セグメントのベストセラーに君臨。2008年は、年間約42万3700台を販売した。デビューから2009年4月末までの累計生産台数も、約146万台に到達している。

既存の207の顧客にとってうれしいのは、好評のエクステリアがほとんど変わらなかったことかもしれない。フロントはフェイスリフトを実施。といっても、従来との違いは、バンパーとフォグランプが新しくなった程度だ。

また、クロームメッキの使用部位が増え、高級感が向上。ボディカラーには新色が加わった。リアに回ると、ハッチバックとCCには、LEDテールランプが採用されたことに気づく。

インテリアは、インパネやトリムの変更を中心に、快適性をアップさせる改良を受けた。オーディオやナビゲーションは、ブルートゥースに対応。ウインカーレバーには、車線変更時に便利なワンタッチ操作機構を取り入れる。ハッチバックとSWにはリモコンウィンドウクロージャー、CCには運転席ワンタッチパワーウィンドウが導入され、機能性が引き上げられた。

エンジンはガソリンとディーゼル合計12ユニットを用意。中でも注目は、1.6リットル直4ディーゼルの「HDi FAP90」グレードだ。シフトアップインジケーター付き5速MTや各部の抵抗低減により、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量99g/kmというトップレベルの環境性能を達成した。もちろん、排出ガス性能はユーロ5に適合している。

新しい207シリーズは欧州で8月から販売開始。フランスでの価格は、1万2900ユーロ(約176万7000円)からと、コストパフォーマンスは高い。

プジョーは2009年前半、欧州Bセグメント車の改良に重点を置いてきた。1月には『107』をフェイスリフト。3月には旧『206』に改良を施し、『206+』に進化させた。そして今回、207のマイナーチェンジで、強固なラインナップが完成したことになる。

Imgres126658_6_r

Imgres126658_3_r

Imgres126658_10_r

Imgres126658_13_r

Imgres126658_9_r

***********************************************************

207が4年目のマイナーチェンジを実施しました。

新しい顔に関しては好き嫌いがあると思いますが、私個人としては。。。

トピックとしては26.3km/Lの高燃費、99g/kmの低排出CO₂のディーゼルエンジンです。

欧州複合燃費で26.3km/Lは実燃費で30km/Lも可能にするまさしくエコカーですが、日本の法律では通らないので、日本ではエコカーにならない現実。。。ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

207が年間約50万台も販売してるベストセラーモデル、その理由を日本にも理解してもらえる時が来ることを願うばかりです。100%ムリですが゚゚(´O`)°゚

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月14日 (日)

’09ルマン24h 8H経過

ルマン24hは8時間が経過、すっかり夜になりました。

Webcam1nWebcam1h 

暗くなったので定点カメラもライトのある向きへ転換

Webcam2kWebcam35 

この時間帯ではガレージから出られなかったアウディ3号車がやっと復帰し現在41LAP遅れで周回。

Webcam1c

遅れているプジョー7号車をドライブするN・ミナシアンがファステストラップ3’24.628をマークしました。

Webcam1j暗闇で何も見えないのに。。。

2位走行していたアウディ1号車がガレージへ

Webcam1g 

数分で再びコースインしました。原因は不明ですがこれにより3位に後退しました。Webcam1i

7時間経過順位

Webcam1kWebcam1lWebcam1m      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’09ルマン24h 3H経過

ルマン24hは3時間経過、この時間帯は大きな動きはありませんでした。

Webcam141 トップ快走中のプジョー8号車

Webcam140 3位 アウディ1号車

Webcam137 19位(4位) ローラマツダ25号車

Webcam138 23位(6位) ペスカローロマツダ35号車

マツダはLMP2マシン4台にエンジンを供給していますがマツダはアピールしないんですねぇ

3時間経過順位

Webcam142Webcam143Webcam144   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ルマンウィーク突入!

第77回ルマン24時間が始まりました。

今年も王者アウディと挑戦者プジョーのディーゼル対決が最大の注目です。

アウディはニューマシンR15を投入

Detail231 アウディR15TDI

プジョーは熟成させた908と

Detail418 プジョー908HDi FAP

今年は908をトッププライベーターのぺスカローロに供給し4台体制で

Detail388 左ペスカローロ プジョー908右ペスカローロ ジャッド

アウディに挑みます。

対するアウディも2台のR10をプライベーターに供給

Detail396 アウディR10

昨年以上の激しい戦いが見られそう (o^-^o)

その他アストンマーチンも注目です。

Detail416 ローラ アストンマーチン

昨日行われたフリー走行ではアウディR15が1-2位、プジョー908 9号車が3位、ペスカローロプジョーが4位とアウディとプジョーの対決が早くも熱を帯びています。

こんなに面白いルマンを日本では見られないのは不幸すぎます。゜゜(´□`。)°゜。

というわけで今年も勝手に24時間ライブ更新を敢行しますのでヒマな方は覗いてみてくださいo(_ _)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

プジョーもフルラインナップ化?

プジョーは1日、新型『5008』の概要を明らかにした。『3008』よりもひと回り大きい2/3列シートのMPVで、欧州ではルノー『セニック』やオペル『ザフィーラ』と競合する。

新型5008は3008と同様に、最新プジョーデザインを導入。シャープな形状のヘッドランプにクロームグリル、ボディサイドにまで回り込んだユニークなテールランプなど、M1セグメントで高い存在感を発揮する個性的なルックスが与えられた。

エアロダイナミクスを徹底追求したのも特徴。空気抵抗係数を示すCd値は0.29とクラストップレベルだ。また、ガラスエリアの大きさも特徴で、オプションの大型パノラミックガラスルーフを含めると、総ガラス面積は5.77平方mとなり、乗員に高い開放感をもたらしている。ボディサイズは全長4529×全幅1837×全高1639mm、ホイールベース2728mmだ。

室内は、2列または3列シートを用意。2列目は独立した3名がけで、2段階のチルト機能と130mmの前後スライド機能が付く。3列目は大人が座れるスペースを確保。乗降時には2列目シートの座面を折り畳み、前方へスライドさせることで、アクセス性を高めている。乗員のひじ回りスペースは1列目が1476mm、2列目が1520mm、3列目が1341mmと十分だ。

荷室容量は758-823リットル(VDA計測法)。1列目以外のシートを折り畳めば、容量は2506リットルへ拡大する。収納スペースは、センターコンソールの10.5リットル分を含め、荷室フロア下など豊富に用意。USBポートも設けられている。

インパネは、上品かつ機能的にまとめられた。オプションのマルチメディアシステムは、後席用のエンターテインメントシステム。2つの7インチヘッドレストモニターでは、左右独立したコンテンツが楽しめるほか、Bluetooth対応のヘッドセットも装備する。

エンジンはガソリン2、ディーゼル4の合計6ユニット。ガソリンは1.6リットル直4「VTi」(120ps)と同ターボ(156ps)。欧州複合モード燃費は、それぞれ13.7km/リットル、14.1km/リットル。CO2排出量は、それぞれ169g/km、167g/kmとなる。

ディーゼルは1.6リットル直4ターボ「HDi」(110ps)が、欧州複合モード燃費18.5km/リットル、19.2km/リットルの2仕様。CO2排出量は、それぞれ143g/km、135g/kmだ。2.0リットル直4ターボ「HDi」は、最大出力が150psと163psの2仕様あり、欧州複合モード燃費は、それぞれ17.2km/リットル、14.7km/リットル。CO2排出量は、それぞれ151g/km、178g/kmである。

サスペンションは前マクファーソンストラット、後ろトーションビーム。サルーンに匹敵する快適性を重視してチューニングされた。タイヤは16/17インチが低転がり抵抗タイプで、スポーツグレードは18インチ+フロント302mmの大径ブレーキを装備する。

安全面では、6エアバッグ、ヘッド&カーテンエアバッグ、ESP、ヒルアシスト、滑りやすい路面での安定性を高める「スノーモーション」などを用意。フロントガラスのヘッドアップディスプレイには、速度やクルーズコントロールなどの情報を表示する。レーダーを使用して車間を検知する「ディスタンスアラート」も設定された。

新型5008は、9月のフランクフルトモーターショーで正式発表。欧州では今秋から販売がスタートする。セニック、ザフィーラ、そしてトヨタ『ヴァーソ』などにとっては、強力なライバルの出現だ。

Imgres125437_1_r Imgres125437_6_rImgres125437_13_rImgres125437_10_r

***********************************************************

突然の「5008」発表に驚きました。

どこかのメーカーと違って着座の姿勢も良いし、3列目に座っている男子がヘッドレストを上げているところが(*^ー゚)bグッジョブ!!

ただ子供の表情が気になりますが(゚ー゚;

1007から始まった「00」シリーズもこれで4車種

02_lp 1007

Imgres118968_1_r 3008

Img4_20070219_20395818_1_l  4007

Imgres125437_2_r 5008

プジョーもフルラインナップ路線を進むようです。

個人的な想いは、プジョーには拡大路線ではなく地道に行って欲しいのですが生き残るには仕方がないのかな。。。

また日本には関係ない話題でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

文化の違い。。。

英国プジョーは15日、新型『308CC』の導入記念限定車、「GT100リミテッドエディション」100台が完売したと発表した。

プジョーは6月1日から英国で新型の販売を開始するが、それに先駆け100台限定で、GT100リミテッドエディションを先行導入。1.6リットル直4ターボ(150ps)エンジンを搭載し、パワーシートを含む「エレクトリックパッケージ」やクロームドアシル、専用カーペット&エンブレムなどを特別装備した。

GT100リミテッドエディションは、パールホワイトとネラブラックの50台ずつ、合計100台を4月に受注開始。お買い得な装備内容が評価されたこともあり、100台は完売した。

プジョーによると、新型308CCの英国での人気は上々で、すでに2万5000人以上が資料を請求。1000人以上が試乗を済ませているという。6月1日の正式リリース時には、「スポーツ」「SE」「GT」の3グレードが設定される。

Imgres124738_2_r
************************************************************

車で楽しむ文化が根付いている欧州では高くても売れるようです。といっても競合車はさらに高いプライスなので相対的には高くないのですが。。。

いつ雨が降るのかがわからないイギリスの気候にCCは合ってるのかも

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

BE OPEN TO EVERY SEASON~308CC日本導入~

 プジョー・シトロエン・ジャパンは、プジョー308シリーズの新バリエーションとして、“308CC”を6月1日に発売する。

 308CCは、2ドア・4人乗りのミッドサイズ・オープンカー。ボディサイズは、全長4455mm×全幅1820mm×全高1430mm、ホイールベース2610mmで、先代の307CCと比べると、全長が75mm、全幅が60mm拡大し、全高のみ5mm下げられた。

 2分割して折り畳まれる電動油圧式ルーフ開閉システムは、基本メカニズムを先代モデルから踏襲しつつ、開閉時間を5秒短縮し20秒とするなど、さらなる利便性の向上が図られている。

 日本導入モデルのエンジンは、1.6リッター直噴ターボチャージャー付きで、最高出力140ps、最大トルク24.5kg-mを発生する。トランスミッションは、4速ATが組み合わされる。

 ブラック、ヴィンテージ、グレージュ/ラマの3種類が選べる内装は、シートのみがレザーとなる“レザー仕様”と、シート、ドア内張り、ダッシュボードまでをレザー仕上げとした“インテグラルレザー仕様”の2タイプが選択できる。

 装備は、カブリオレモードを自動検知し、冷房力を強めるインテリジェントオートエアコンや、前席乗員の首周りを暖めるために温風を吹き出すネックウォーマー、シートヒーターなどといった快適性装備を充実させ、オープンカーとしての快適性を高めた。

 価格は、レザー仕様の“308CC プレミアム”が420万円、インテグラルレザー仕様の“308CC グリフ”は455万円。ステアリングは両グレードとも右ハンドル仕様が標準で、グリフのみ左ハンドル仕様が受注生産で選択できる。

Img4_20090514_10174877_1_l

Img4_20090514_10174877_4_l

***************************************************

308CCが早くも日本導入です。308CCのセールスポイントは「オールシーズンオープン」、特に寒さ対策でシートヒーターのみならずマフラー代わりになるネックウォーマーを採用しています。

安全もオープンモデル初の6エアバッグ採用と力が入っています。

エレガントという表現がぴったりな308CC、目標の年間300台売れるかどうか別にしてこの価格設定はかなりのお買い得だと思うので、お金持ちの方奥様に1台どうでしょう(゚▽゚*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧