カテゴリー「プジョースポール」の53件の記事

2009年1月27日 (火)

祝プジョー表彰台独占!!~IRC開幕戦モンテカルロラリー~

日本勢の撤退によって存在意義すら危うくなってきたWRCに取って代わり盛り上がりをみせているIRCの開幕戦モンテカルロラリーが行われました。

IRCにはさまざまなチーム、マシンが参戦しています。

Diapo_050 プジョー207S2000

Diapo_008 シュコダ ファビアS2000

Diapo_035 アバルト グランデ プントS2000

Diapo_062 ミツビシ ランサー

Diapo_060 スバル インプレッサ

Diapo_041 シトロエンC2 R2

Diapo_040 ルノー クリオ

Diapo_053 スズキ スイフト

ラリーはプジョーとシュコダ、アバルトの争いでしたが、

Diapob_091

Diapob_079

Diapob_082

最後はプジョーの表彰台独占という最高の結果でした(*^ー゚)bグッジョブ!!

Diapoc_089 おめでとう

IRC連覇に向けて好発進です(v^ー゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

ほんまかいな?PartⅡ

モーターレース界に流れるうわさによると、フェラーリはプジョーと協力して2009年シーズンに向けたKERS(エネルギー回生システム)の開発を進めていくらしい。

真偽のほどは定かではないが、匿名の「F1関係筋」によると、フェラーリがF1で使用するKERSシステムの試作版を、プジョーがル・マン仕様の908のプロトタイプで走行させることがこの新しい協力関係に含まれているようだ。

電子部門パートナーであるマニエッティ・マレリとともにKERSシステムを開発しているフェラーリは、既にKERS技術の開発に苦しんでいることを認めており、いまだにシステムを搭載しての走行テストも行われていない。

3月にオーストラリアGPが開幕したときから有効となるシーズン中テスト禁止を受け、遅れの生じているKERS走行プログラムをフェラーリが進めるために、フェラーリとプジョーの協力関係が結ばれたと考えられている。

しかし、一方でフェラーリが別カテゴリーのレースに参戦するチームにKERSシステムを提供する準備をしているのではないかとの見方もある。

2008年に、KERSシステムを備えたディーゼル使用の908ハイブリッド版を2009年のル・マンで使用して宣伝したい、とプジョーは話していた。

__26_90820hybride_640 908HY

**********************************************************

またまた信じがたい情報が流れていますね。

確かにプジョースポールが発表した908HYはKERSを使ったハイブリッドで、実走行するレベルの完成度。

フェラーリはKERSをまだマシンに搭載すらできず苦労しているのはわかりますが、まったく違うマシン・エンジンに搭載してテストになるのか?

それ以前に天下のフェラーリがプジョーに助けを求めることがあるのだろうか(・・?

先日のF1復帰話もそうですが、噂を生んだ背景にはプジョーの技術力とどの自動車メーカーとも資本関係なしに技術提携や共同開発をする企業姿勢があるからだと思います。

※プジョー提携自動車メーカー(過去も含む)

トヨタ、三菱、日野、フォード、フィアット、ルノー、ボルボ、BMW。。。

まだあったかな(^-^;

おまけ

ピットレーンではバッテリーで走行しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

やっぱりね

フランスの自動車メーカー、PSAプジョー‐シトロエンがHondaのF1チーム購入を真剣に考えていると伝えられているが、同社はその報道を否定した。

プジョー・スポーツのスポークスマンでもあり、最近までF1プロジェクトにかかわっていたジャン‐クロード・ルフェーブル氏は、「それは完全な間違いだ」と『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』紙に述べている。

ルフェーブル氏はプジョーが世界的な金融危機からの影響が少ないため、今の時期にF1参戦を考えることができるという憶測を一蹴した。

「われわれは販売で大きな問題を抱えている。他の全自動車メーカーと同様にね。F1参戦を考えるより、他に考えることがあるよ」とルフェーブル氏はコメント。

*********************************************************

当然の展開ですね。

ガセネタでも、プジョー(PSA)がF1に復帰するかもという報道が世界を駆け巡ったことは事実。ホンダには悪いですが、プジョーにはホンダ以上にモータースポーツのDNAが息づいているのでプジョーならF1参戦も可能性があると思われているのでしょう。

速攻で世界選手権から軒並み撤退してしまう日本メーカーを見ると確かに大変なのは解るけど日本人として恥ずかしい限りです(u_u。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

プジョーがF1復帰?ほんまかいな?

報じられるところによると、プジョーやシトロエンなどブランドで自動車を販売しているフランスの自動車メーカーPSAが、ホンダのF1チーム買収に関心を示しているという。

匿名の情報源が、かつてプロストチームのエンジン・サプライヤーとしてF1に関わっていたPSAが、F1参戦者としてブラックリーのチーム買収を問い合わせたことをベルギーのレーシング雑誌 "Autosportnieuws" に伝えたようだ。

シトロエンのワールドラリー・チームは、現在ドライバーズおよびコンストラクターズのチャンピオンであり、プジョーはル・マン・レーシングに参戦している。

F1が大幅な運営費削減に意欲的であることから、世界的金融危機に他社ほど打撃を受けていないPSAは参戦に関心を示しているという。

またフランス政府も、ルノーおよびプジョー/シトロエンが人員削減と工場閉鎖を約束すれば、自動車業界に対する財政支援を行うと保証している。

PSAの買収の一部には、2009年トロ・ロッソのシートが危ぶまれているフランス人F1ドライバー、セバスチャン・ボーデが含まれており、ジェンソン・バトンが彼のチームメイトになるとされている。

**************************************************************

うーん にわかに信じがたい情報ですね( ゚д゚)ポカーン

アウディがLMSから撤退し来年はライバルがいなくなったけど、ディーゼルを中心に据えているプジョーがルマンも制していないのに、F1に魅力を感じているとはとても思えないのですが。。。

仮定の話としてジャン・トッドがフェラーリを辞めてプジョーに復帰するなら、買収する価値はあると思います。

ジャン・トッドがフェラーリに行ったのはトッドが嘆願したF1参戦をプジョーが聞かなかったからなのは有名な話。

旧ホンダF1にはロス・ブラウンもいるしジャンが加入すればおのずとニック・フライの役目は終わるわけで、チームは上手く回るでしょう。

なんてシナリオを妄想しても仕方がないので、真意を見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

「207RC Rallye」 & 「207Rallye」 & 「207Style Rallye」

11月1日に207Style Rallyeと題して「なんちゃって画像」を載せましたが、

Dsc025212

その2日前にプジョースポールから「207RC Rallye」が発表されてました(゚ー゚;

6517 6516 207RC Rallye

ラリー入門マシンとして104ZS、205GTi、309GTi、106Rallye、206XSと代々受け継がれているモデルです。

さらにいつのまにか207Rallyeも市販してました。

1886181958_a128ba3cc4 1931741256_eaf46da9a8 207Rallye

こっちも負けずに

Dsc02554  

Dsc018002 207Style Rallye

大差ないよね・・・(;´▽`A``

そういえば306時代には106Rallyeのホイール+デカールで

Dsc00064u 306Rallye

って自己満足していたのを思い出しました。

ヤバイ 207Rallyeのデカールが入手できたら貼ってしまうかも

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

最後の最後で・・・LMSシルバーストーン決勝~

LMS最終戦シルバーストーン1000kmが先ほど終わりました。

というか、2時間持たずに終わっていたのですが。。。

フロントローからスタートしたプジョーの2台は

__29_start_640

直後に7号車がスピンし後退。

3位まで挽回した7号車は1時間15分45周目にクラッシュし大破、リタイヤしました。

__35_peugeot_n7_640

この時点でプジョーのタイトルの可能性は消滅。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

残った8号車も1時間40分でアウディ1号車と共にスピン、フロントを壊し修復のため30分のピットインし完全に脱落してしまいました。

クラッシュやトラブルは避けてって言ったのに。。。

最終結果は

優勝 アウディ1号車、2位 ローラアストンマーチン10号車、3位 ペスカローロジャッド16号車、4位 アウディ2号車、19位 プジョー8号車(13周遅れ)

’08LMSタイトルはすべてアウディの元に・・・

__48_audi_n2_640 ’08LMSチーム、ドライバーズチャンピオン Audi Sport Team Joest#2

__41_audi_n1_640 マニュファクチャラーズチャンピオン Audi

おめでとう

5戦中4勝したのに最後の最後でやらかすプジョーに落胆しつつ (;´д`)トホホ…

おやすみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

プジョー来年からハイブリッド投入!!

プジョースポールは昨日、シルバーストーンにて会見を開き、来年から908HY(ハイブリッド)を投入するとことを明らかにしました。。

__25_908_hybrid_640

Peugeot908hy_2008_800x600_wallpaper

Peugeot908hy_2008_800x600_wallpap_2 908HY

プレスリリースを読むと来年からF1で投入されるKERSと同じもののようです。

Peugeot908hy_2008_800x600_wallpap_3

ブレーキ時に発生する運動エネルギーを回収し発電、バッテリーに蓄え必要に応じて放出する仕組みで、電気のみ(ピットレーン走行)、エンジンのみ、エンジンと電気両方の利用を想定しています。それぞれ使用した電気は20~30秒で回復するそうです。

また、ドライバーがブーストボタンを押すことで1周当り20秒間電気の助けを借りて+80馬力の加速をすることができるとのこと。

このシステムで3~5%の燃費を改善できるそうです。

__26_90820hybride_640

__27_90820hybride_640 シルバーストーンで走行も行い、実践投入できることをアピール

重量にシビアなF1より耐久マシンの方が利用する価値が高いといえるのかも。

さすがプジョー、時代の最先端を走っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディーゼル決戦の時~LMS最終戦シルバースートン1000km予選

LMS最終戦シルバーストーン1000km予選が行われました。

PP Peugeot908HDi FAP#8

2   Peugeot908HDi FAP#7

3   Audi R10TDI#1

4   Audi R10TDI#2

タイトル争いは最終戦で決まります。

ポイントポイントランキングを見ると

チーム

1 Team Peugeot Total #7   32P

2 Audi Sport Team Joest #2 30P

3 Team Peugeot Total #8   21P

マニュファクチャラーズ

1 Peugeot    53P    

2 Audi         47P   

3 Pescarolo 22P

チームタイトルは1-2フィニッシュを決めれば確実にプジョー7号車のタイトル獲得、アウディ2号車に優勝されても7号車が2位に入れば同ポイントとなり優勝回数の差で7号車がタイトルを手にします。ということで、7号車には2位以上が要求されます。

マニュファクチャラーズはアウディに1-2さえ許さなければプジョーのタイトルの可能性は高いでしょう。

いずれにしてもトラブルやクラッシュで後退やリタイヤだけは避けて、ガチで勝負を決めて欲しいと思います。

__24_peugeot_n7_640 Peugeot 908HDi FAP#7

__20_audi_n2_640 Audi R10TDI#2

どちらがタイトルを手にするのか?

決勝は日本時間18:20~ 195LAPで行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

今季初1-2フィニッシュ!~LMSニュル1000km決勝

LMSニュルブルクリンク1000kmが先ほど終了し、2位スタートだったプジョー908HDi FAP 8号車がポールの7号車をかわした後、そのまま従えライバルアウディより2~3秒速いLAPで195LAPを走りきり、見事1-2フィニッシュを決めました!!これでプジョーはLMS4戦負けなしです。

アウディは1LAP遅れで2号車と1号車が3-4位でゴールし、予選3位だったローラ・アストンマーチンが序盤でアウディには抜かれたものの粘って5位に入りました。

__33_start_640 ニュル1000kmスタート

__41_peugeot_n8_640 逃げる908HDi FAPの2台

__36_audi_n2_640 4戦目で初めて2位を明け渡したアウディ2号車

__39_lola_n10_640 序盤アウディを抑えるローラ・アストンマーチン10号車

期待した通りに1-2を決めてくれてホッとしました。信頼性の問題さえクリアすれば楽勝なのはわかっているので、もうアウディは敵じゃないっすね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

LMSニュル1000km予選

LMSニュルブルクリンク1000kmの予選が先ほど終了しました。

__03_creation_n15_640 ニュルブルクリンク

ポールポジション 第2戦モンツァ以来今シーズン2回目

__02_peugeot_n7_audi_n2_640 プジョー908HDi FAP 7号車1'39"492

2位

Diapo_136 プジョー908HDi FAP 8号車 1'39"515

3位 LMS界の予選番長

Diapo_112 ローラ・アストンマーチン 10号車 1'40"951

4位 開幕からすべて2位フィニッシュのポイントリーダー

Diapo_110 アウディR10TDI 2号車 1'40"978

5位

Diapo_177  アウディR10TDI 1号車 1'41"027

決勝は17日日本時間19:05~1:05 195LAPで争われます。

速さは間違いないプジョーは信頼性さえ発揮すれば楽勝なはず。しかし、速さよりも信頼性のアウディは3-4位スタートでもやっぱり怖い存在、プジョーには1-2完全勝利を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧